製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

DXを支えるクラウドコンピューティング: 製造業での活用シナリオ

DXを支えるクラウドコンピューティング: 製造業での活用シナリオ

製造業におけるDXの推進において、クラウドコンピューティングは欠かせない存在となっています。
クラウドコンピューティングを活用することで、製造業の現場はより効率的かつ柔軟に業務を遂行できるようになります。
本記事では、製造業でのクラウドコンピューティングの活用シナリオについて、現場目線から解説します。

クラウドコンピューティングとは

クラウドコンピューティングとは、インターネットを介してコンピューティングリソースを利用するサービスのことを指します。
クラウド上に仮想化されたサーバー、ストレージ、ネットワークなどのリソースが用意されており、ユーザーはインターネット経由でこれらのリソースを利用することができます。
クラウドコンピューティングを活用することで、自社でITインフラを構築・運用する必要がなくなり、コストの削減や業務の効率化が図れます。

製造業におけるクラウドコンピューティングの活用シーン

製造業におけるクラウドコンピューティングの活用シーンは多岐にわたります。
例えば、生産管理システムをクラウド上に構築することで、工場の稼働状況をリアルタイムで把握し、生産計画の最適化を図ることができます。
また、品質管理システムをクラウド化することで、品質データの一元管理や分析が容易になり、不良品の発生を未然に防ぐことができます。
さらに、工場の設備をIoTセンサーで監視し、クラウド上で収集したデータを分析することで、設備の予知保全や故障の早期発見が可能になります。

クラウドコンピューティングを活用した自動化の事例

クラウドコンピューティングを活用することで、製造業の現場における自動化も加速しています。
例えば、クラウド上に構築したAIシステムを用いて、製造ラインの画像データを分析し、不良品を自動で検知することができます。
また、クラウド上のRPAツールを活用することで、製造業務に関する定型的なタスクを自動化し、人的リソースを高付加価値な業務に振り向けることができます。
こうした自動化の取り組みにより、製造業の現場は更なる効率化と品質向上を実現しています。

クラウドコンピューティング導入時の留意点

クラウドコンピューティングを製造業で活用する際は、いくつかの留意点があります。
まず、セキュリティ対策が重要です。
機密性の高い製造データをクラウド上で取り扱う際は、適切なセキュリティ対策を講じる必要があります。
また、クラウドベンダーとのSLAを確認し、サービス品質や可用性を担保することも重要です。
さらに、クラウドコンピューティングの導入にあたっては、現場の業務プロセスを見直し、クラウドの特性を活かした業務設計を行うことが求められます。

製造業におけるDXの実現に向けて、クラウドコンピューティングは強力な武器となります。
生産管理、品質管理、自動化など、様々な場面でクラウドコンピューティングを活用することで、製造業の現場はより高度な業務遂行が可能になります。
一方で、セキュリティ対策や業務プロセスの見直しなど、クラウドコンピューティング導入時の留意点にも注意が必要です。
製造業の現場では、こうした点を踏まえつつ、クラウドコンピューティングを活用したDXの取り組みを進めていくことが重要だと言えるでしょう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)