製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

中小製造業のデジタルトランスフォーメーション:生き残りをかけた変革の始まり

中小製造業のデジタルトランスフォーメーション:生き残りをかけた変革の始まり

はじめに

中小製造業は日本経済の基盤であり、その発展なくして日本の未来はありません。
しかし、グローバル化や技術革新の波に乗り遅れ、競争力を失いつつある中小製造業も少なくありません。
そんな中、注目を集めているのがデジタルトランスフォーメーション(DX)です。

DXとは何か

DXとは、デジタル技術を活用して業務プロセスや製品・サービスを変革し、競争力を向上させることを指します。
単なるIT化とは異なり、ビジネスモデルそのものを変えていく取り組みです。
製造業におけるDXは、IoTやAI、ロボティクスなどの技術を駆使し、生産性向上や新たな付加価値の創出を目指すものです。

中小製造業がDXに取り組む意義

中小製造業がDXに取り組む意義は大きく分けて3つあります。
1つ目は生産性の向上です。
IoTを活用した設備の監視・制御、AIを用いた不良品の検知など、デジタル技術の導入により効率化を図ることができます。
2つ目は付加価値の創出です。
製品にセンサーを取り付け、稼働データを収集・分析することで、メンテナンスや消耗品の交換時期を最適化したり、新たなサービスを提供したりすることが可能になります。
3つ目は人手不足の解消です。
少子高齢化が進む中、熟練工の技能をデジタルデータ化し、ロボットに引き継ぐことで、人手不足に対応することができるのです。

DXを成功させるポイント

では、中小製造業がDXを成功させるためには何が必要でしょうか。
まず重要なのは、経営者のリーダーシップです。
DXは一部の部署だけでできるものではありません。
全社的な取り組みとして推進していくには、経営者の強いコミットメントが不可欠です。
次に大切なのは、現場の巻き込みです。
DXは現場の業務プロセスを変えていくものです。
現場の従業員の理解と協力なくしては、DXは成し遂げられません。
そのため、DXのビジョンを明確に示し、従業員の納得感を得ることが肝要です。
加えて、外部リソースの活用も欠かせません。
中小企業では、DXに必要な人材や知見が社内に十分にないことが多いからです。
IT企業や大学、公的機関などと連携し、外部の力を借りることが有効でしょう。

DXの先進事例

国内では、すでにDXに積極的に取り組む中小製造業が現れています。
例えば、ある金型メーカーでは、IoTを活用して金型の状態を常時監視し、不具合の兆候を早期に発見することで、不良品の発生を大幅に減らすことに成功しました。
また、ある電子部品メーカーでは、AIを用いて基板の外観検査を自動化し、検査工数を90%削減するとともに、検査精度を大きく向上させました。
さらに、ある工作機械メーカーでは、機械の稼働データをクラウドで管理し、遠隔でのメンテナンスサービスを提供することで、新たな収益源を獲得しています。

製造業のDXは、もはや選択ではなく必然です。
特に、中小製造業は大企業と比べリソースが限られる分、DXによる差別化が生き残りの鍵を握ります。
経営者がリーダーシップを発揮し、現場の従業員を巻き込み、外部の力も借りながら、スピード感を持ってDXを推進することが求められています。
DXは決して容易な取り組みではありませんが、乗り越えなければならない挑戦です。
中小製造業の皆様には、DXを通じて新たな価値を創造し、次の時代を切り拓いていっていただきたいと思います。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)