製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

調達購買のDXとサプライヤーリスク評価:AIを活用したリスク予測とモニタリング

調達購買のDXとサプライヤーリスク評価:AIを活用したリスク予測とモニタリング

企業の競争力を維持・向上させるうえで、サプライチェーン全体の最適化は不可欠です。
特に調達購買の分野においては、サプライヤーのリスク評価が重要な課題となっています。
このリスク評価を効果的に行うためには、デジタルトランスフォーメーション(DX)と最新技術の活用が求められます。
本記事では、AIを活用したリスク予測とモニタリングの具体的な手法や、その実践的な効果について解説します。

調達購買のDXとは?

調達購買のデジタルトランスフォーメーション(DX)は、従来の手作業やアナログプロセスからデジタル技術を駆使した効率的なプロセスへの移行を指します。
これにより、業務効率の向上、コスト削減、ミスの減少が期待されます。
具体的には、電子データ交換(EDI)、ERPシステムの導入、電子署名などが挙げられます。
近年では、クラウドコンピューティングやIoTの技術も利用され、リアルタイムでのデータ収集と分析が可能になっています。

サプライヤーリスク評価の重要性

サプライヤーリスク評価は、企業が安定的かつ効率的に生産活動を続けるために必要不可欠な要素です。
例えば、一つの重要な部品が欠品すると、全生産ラインが止まり、納期遅延や顧客満足度の低下につながることがあります。
そのため、サプライヤーの信用度や持続可能性、財務状況、安全性などを常に評価し、リスクを最小化することが求められます。

AIを活用したリスク予測のメカニズム

AI技術を活用することで、サプライヤーリスクの予測精度が飛躍的に向上します。
具体的には、機械学習モデルを用いて過去のデータや現在の状況を分析し、将来のリスクを予測します。
例えば、サプライヤーの財務データ、納期履歴、品質データ、さらにはソーシャルメディアやニュース記事といった情報を収集し、これらを総合的に解析します。
これにより、従来の統計手法では捉えきれなかったリスク要因を事前に検知することが可能になります。

リスクモニタリングの実践方法

AIを活用したリスクモニタリングでは、リアルタイムでのデータ収集と解析が鍵となります。
具体的な手法としては、以下のようなものがあります。

1. データの自動収集と統合

IoTセンサーやERPシステムを利用して、サプライヤーの生産状況や在庫情報をリアルタイムで取得します。
これにより、異常が発生した際にも迅速に検知・対応することが可能です。

2. リアルタイム分析とアラート機能

収集されたデータを即座に解析し、異常を検知した場合にはアラートを発信します。
これにより、問題が発生する前に対策を講じることができます。

3. 継続的なモデル更新と改善

機械学習モデルは、データを収集するたびに自動的に更新されます。
これにより、時間の経過とともに予測精度が向上し、リスク管理の質も向上します。

4. 可視化ツールの活用

リスク情報を視覚的に理解しやすい形で提供するために、ダッシュボードやグラフなどの可視化ツールを活用します。
これにより、管理者は一目で状況を把握し、適切な対応を行うことができます。

導入事例とその効果

以下に、AIを活用したサプライヤーリスク評価とモニタリングの具体的な導入事例を紹介します。

事例1: 自動車メーカーA社

A社は多くのサプライヤーを持つ大手自動車メーカーです。
以前は手動でサプライヤーの評価を行っていたため、情報の更新が遅れ、リスクの早期発見が困難でした。
AIを活用したシステムを導入後、リアルタイムでサプライヤーの状況を把握し、リスクの予測精度が大幅に向上しました。
その結果、生産ラインの停止が減少し、納期遅延のリスクも低減されました。

事例2: 電子部品メーカーB社

B社は、サプライヤーの財務状況を中心にリスク評価を行っていましたが、AI技術の導入により、品質データや納期履歴など多角的なデータを解析できるようになりました。
これにより、サプライヤーの信用度をより正確に把握し、リスクの高いサプライヤーとの取引を避けることができました。
その結果、欠品リスクが低減され、生産効率も向上しました。

サプライヤーリスク評価の未来展望

今後、AI技術の進化と普及により、サプライヤーリスク評価の精度はさらに向上すると予想されます。
特に、以下のような技術進展が期待されます。

1. ディープラーニングの活用

ディープラーニングを活用することで、より高度なデータ解析が可能になります。
これにより、リスクの予測精度が一層向上し、未然に対策を講じやすくなるでしょう。

2. ブロックチェーン技術の導入

ブロックチェーン技術を利用することで、サプライチェーン全体の透明性が向上します。
これにより、サプライヤーの信用度をより正確に評価し、不正やリスクを早期に発見することが可能になります。

3. IoTのさらなる進化

IoT技術の進化により、リアルタイムでのデータ収集がさらに容易になります。
これにより、サプライヤーの状況を常に把握し、不具合が発生する前に対応することが可能になります。

 

AI技術を活用した調達購買のDXとサプライヤーリスク評価は、企業の競争力を向上させるために非常に有効です。
リアルタイムでのデータ収集と解析が可能になることで、サプライヤーの状況を常に把握し、リスクを未然に防ぐことができます。
今後も技術の進展とともに、リスク管理の手法は進化し続けるでしょう。
企業はこれらの新しい技術を積極的に導入し、競争力の強化を図ることが求められます。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)