製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

中小製造業のためのデジタルツインの導入ガイド: 仮想空間での生産シミュレーション

中小製造業のためのデジタルツインの導入ガイド: 仮想空間での生産シミュレーション

デジタルツインとは何か

デジタルツインとは、現実世界の製品や設備、プロセスなどを仮想空間上に再現したデジタルモデルのことを指す。
このデジタルモデルは、現実のモノや環境から収集したデータを元に構築され、リアルタイムにデータが同期される。
これにより、仮想空間上で現実の状況を正確に把握し、シミュレーションや分析を行うことが可能となる。

中小製造業におけるデジタルツインの活用メリット

中小製造業にとってデジタルツインを導入することで、様々なメリットが期待できる。
まず、生産ラインの効率化や最適化が図れる。
仮想空間上で生産工程のシミュレーションを行うことで、ボトルネックの特定やレイアウトの改善、設備の稼働率向上などが可能だ。
また、製品の品質向上にも寄与する。
デジタルツイン上で製品の動作確認や耐久試験を行うことで、設計段階での不具合の早期発見や、品質問題の未然防止につながる。
さらに、設備の予知保全にも活用できる。
センサーデータを活用してデジタルツイン上で設備の状態を監視することで、故障の兆候を早期に検知し、計画的なメンテナンスを実施できる。

デジタルツイン導入の進め方

デジタルツインを導入する際は、まず目的と対象を明確にすることが重要だ。
生産性向上なのか、品質改善なのか、設備保全なのかによって、必要なデータや機能が異なってくる。
次に、現状のデータ収集・管理体制を見直し、デジタルツインに必要なデータを整備する。
設備やプロセスのデータに加え、製品の3DモデルやBOMなどの設計データも必要となる。
そして、デジタルツインを構築するためのプラットフォームを選定する。
自社で一から開発するのは難しいため、既存のソリューションを活用するのが望ましい。
導入後は、収集したデータを分析し、得られた知見を現場にフィードバックすることで、継続的な改善を図っていく。

デジタルツイン導入の留意点

デジタルツインを導入する上での留意点として、まずデータの品質が挙げられる。
正確なシミュレーションを行うには、現実のデータを欠落や誤りなく収集し、適切に処理する必要がある。
また、データ収集のためのセンサー類の設置や、ネットワーク環境の整備など、初期投資も必要となる。
加えて、デジタルツインを活用するための人材育成も重要だ。
データ分析やシミュレーションのスキルを持った人材を確保・育成し、現場との連携を密にしていく必要がある。

デジタルツインは、中小製造業の生産性向上や品質改善、設備保全など、様々な課題解決に寄与するツールである。
導入にあたっては、目的と対象を明確にし、データ整備や人材育成などに計画的に取り組むことが求められる。
デジタルツインにより、現場の知見とデジタル技術を融合させ、新たな価値創出や競争力強化を図っていくことが、中小製造業の発展につながるだろう。
製造業のDXを推進する上で、デジタルツインは欠かせない要素の一つといえる。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)