製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

製造業のDXとセキュリティ:サイバー攻撃からの防御策

製造業のDXとセキュリティ:サイバー攻撃からの防御策

製造業のDXとセキュリティ確保の重要性

製造業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進は、生産性向上や品質管理の高度化など、多くのメリットをもたらします。
一方で、IoTデバイスや工場ネットワークの導入により、サイバー攻撃のリスクも高まっています。
製造業のDXを成功させるには、セキュリティ対策も欠かせません。

まず、工場内のネットワークを適切にセグメンテーションすることが重要です。
生産ラインや制御システムを外部ネットワークから分離し、不正アクセスを防ぐことができます。
また、ファイアウォールやVPNを活用し、外部との通信を制御することも有効です。

IoTデバイスについては、定期的なファームウェアアップデートや初期パスワードの変更が必須です。
脆弱性を放置すれば、サイバー攻撃の入り口になりかねません。
さらに、IoTデバイスの異常動作をモニタリングし、不正アクセスの兆候を早期に検知する仕組みも必要でしょう。

従業員教育も忘れてはいけません。
フィッシングメールへの対処法やUSBメモリの使用ルールなど、セキュリティ意識を高める研修を定期的に実施することが大切です。
また、リモートワークが増える中、自宅のネットワーク環境のセキュリティ確保も課題となっています。

製造業ではOT(制御技術)とIT(情報技術)の融合が進んでおり、両者を横断したセキュリティ対策が求められます。
例えば、制御システムのログを分析し、異常動作を検知する仕組みを構築することが考えられます。
また、セキュリティインシデント発生時の対応手順を予め定めておくことも重要です。

セキュリティ対策の実装には、専門知識を持つ人材の確保が欠かせません。
社内でセキュリティ人材を育成するほか、外部の専門家との連携も検討すべきでしょう。
加えて、セキュリティ対策への投資を適切に行い、最新の脅威に対応していく必要があります。

製造業のDXとセキュリティは、両輪として推進していくべき課題です。
生産性向上とセキュリティ確保を両立させ、競争力のある工場づくりを目指しましょう。
経営層のリーダーシップのもと、現場の意見を取り入れながら、着実にDXとセキュリティ対策を進めていくことが肝要です。

製造業は日本の基幹産業であり、そのDXとセキュリティの取り組みは、日本経済の発展にも大きく影響します。
サイバー攻撃から工場を守り、安全・安心な製品づくりを続けていくことが、我々製造業に携わる者の使命といえるでしょう。
製造業のDXとセキュリティ、これからますます重要になるテーマに、積極的に取り組んでいきたいと思います。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)