製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

モバイルアプリがもたらす中小製造業の生産性向上とは?

モバイルアプリがもたらす中小製造業の生産性向上とは?

はじめに

近年、製造業界ではデジタル化が急速に進んでおり、モバイルアプリを活用することで生産性の向上が期待されています。
特に中小製造業にとって、モバイルアプリは低コストで導入しやすく、大きな効果を発揮する可能性があります。

モバイルアプリがもたらす生産性向上の具体例

モバイルアプリを活用することで、以下のような生産性向上が期待できます。

1. 情報共有の迅速化
モバイルアプリを使えば、現場の状況をリアルタイムで共有することができます。
不具合や異常が発生した際に、速やかに対応できるようになり、生産性の低下を防げます。

2. 作業指示の効率化
モバイルアプリを使って作業指示を行えば、紙の指示書が不要になり、ミスや手間を減らせます。
また、作業の進捗状況を見える化することで、生産計画の調整がしやすくなります。

3. 設備管理の最適化
モバイルアプリを使って設備の稼働状況を監視すれば、トラブルの予兆を早期に発見でき、計画外の停止を防げます。
また、メンテナンスの計画を最適化することで、設備の稼働率を高められます。

4. 品質管理の高度化
モバイルアプリを使って検査データを収集・分析すれば、不良品の発生原因を特定しやすくなります。
また、AIを活用した画像検査などにより、検査の自動化・高度化が可能になります。

モバイルアプリ導入のポイント

モバイルアプリを導入する際は、以下の点に留意する必要があります。

1. 現場の意見を反映する
モバイルアプリは現場で使われるものなので、現場の意見を十分に聞いて設計することが重要です。
使いにくいアプリでは、現場に浸透せず、生産性向上の効果も限定的になってしまいます。

2. 既存システムとの連携を考える
モバイルアプリを導入する際は、既存の業務システムとの連携を考える必要があります。
連携が不十分だと、二重入力などの無駄が発生し、かえって生産性が低下してしまう恐れがあります。

3. セキュリティ対策を怠らない
モバイルアプリで扱うデータには、機密情報も含まれている可能性があります。
十分なセキュリティ対策を行い、データ漏洩のリスクを最小限に抑えることが重要です。

4. 教育・サポート体制を整える
モバイルアプリを導入しても、使い方がわからなければ意味がありません。
導入前の教育と、導入後の継続的なサポート体制を整えることが欠かせません。

まとめ

モバイルアプリは、中小製造業の生産性向上に大きく貢献する可能性を秘めています。
情報共有の迅速化、作業指示の効率化、設備管理の最適化、品質管理の高度化など、様々な面で効果が期待できます。
ただし、導入に際しては現場の意見を反映し、既存システムとの連携やセキュリティ対策、教育・サポート体制の整備などが重要になります。
これらの点に留意しつつ、自社に合ったモバイルアプリを選択・導入することで、中小製造業も大きな生産性向上を実現できるでしょう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)