製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

製造業マーケターが知っておくべき5つの重要指標

製造業マーケターが知っておくべき5つの重要指標

1. 生産性

製造業において、生産性は最も重要な指標の一つです。
生産性は、単位時間あたりの製品の生産量を表し、生産効率の尺度となります。
生産性を向上させることで、コストの削減や納期の短縮が可能になり、競争力の強化につながります。
生産性を向上させるには、生産工程の見直しや自動化の導入、作業手順の標準化などが有効です。
また、生産性の指標としては、一人当たりの生産量や設備稼働率などがあります。

2. 品質

製品の品質は、顧客満足度に直結する重要な指標です。
品質管理を徹底し、不良品の発生を防ぐことで、顧客からの信頼を獲得し、ブランドイメージの向上につながります。
品質管理には、製品の検査体制の強化や品質管理手法の導入、従業員教育などが必要です。
また、品質の指標としては、不良率や返品率、顧客クレーム件数などがあります。
品質の高い製品を安定的に供給することが、製造業の競争力の源泉となります。

3. 在庫回転率

在庫は、製造業にとって大きなコストであり、適切な管理が求められます。
在庫回転率は、一定期間における売上高を平均在庫で割った値で、在庫の効率性を表す指標です。
在庫回転率が高いほど、在庫の滞留期間が短く、キャッシュフローの改善につながります。
在庫管理には、需要予測の精度向上や生産計画の最適化、サプライチェーンの可視化などが重要です。
また、在庫の適正化により、倉庫スペースの有効活用や廃棄ロスの削減も可能になります。

4. 設備稼働率

製造業では、設備投資が大きなコストを占めるため、設備の稼働率を高めることが重要です。
設備稼働率は、設備の実稼働時間を計画稼働時間で割った値で、設備の利用効率を表す指標です。
設備稼働率を向上させるには、生産計画の最適化や予防保全の実施、ボトルネックの解消などが有効です。
また、IoTやAIを活用した設備の監視や制御により、稼働率の向上と故障の予防が可能になります。
設備稼働率の向上は、生産性の向上とコスト削減につながり、競争力の強化に寄与します。

5. 顧客生涯価値(CLV)

製造業においても、顧客との長期的な関係構築が重要になっています。
顧客生涯価値(CLV)は、顧客が将来にわたって生み出す利益の現在価値を表す指標です。
CLVの高い顧客を特定し、重点的にマーケティングを行うことで、効果的な顧客獲得と維持が可能になります。
また、顧客データの分析により、顧客ニーズの把握や新商品開発、クロスセルの促進などが可能になります。
製造業においても、顧客との共創や付加価値の提供により、長期的な関係構築と収益の拡大を目指すことが重要です。

以上、製造業マーケターが知っておくべき5つの重要指標について解説しました。
生産性、品質、在庫回転率、設備稼働率、顧客生涯価値は、いずれも製造業の競争力に大きな影響を与える指標です。
これらの指標を適切に管理し、改善することで、製造業の収益力と持続的な成長を実現することができます。
また、デジタル技術の活用により、これらの指標のモニタリングと最適化が容易になっており、製造業のDXを推進する上でも重要な視点となります。
製造業マーケターは、これらの指標を総合的に捉え、現場の課題解決とマーケティング戦略の立案に活かしていくことが求められます。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)