製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

製造業のデジタルストラテジー: オムニチャネル体験の構築

製造業のデジタルストラテジー: オムニチャネル体験の構築

製造業界では、デジタル化の波が押し寄せています。
ITの進歩により、生産性の向上やコスト削減、品質管理の高度化など、様々な恩恵を受けることができるようになりました。
しかし、デジタル化の真の目的は、顧客満足度の向上とビジネスの成長にあります。
そのためには、単なる技術導入だけでなく、顧客中心のデジタルストラテジーが不可欠です。
その中でも、オムニチャネル体験の構築は、製造業にとって重要な課題の一つといえるでしょう。

オムニチャネル体験とは

オムニチャネル体験とは、顧客が様々なチャネル(店舗、ウェブサイト、モバイルアプリ、ソーシャルメディアなど)を通じて、シームレスかつ一貫した体験を得られることを指します。
例えば、顧客がウェブサイトで商品を検索し、店舗で実物を確認し、モバイルアプリで購入するといったように、複数のチャネルを横断的に利用できる環境を提供することが求められます。
また、顧客の行動履歴やプロフィール情報を統合的に管理し、パーソナライズされたサービスを提供することも重要です。

製造業におけるオムニチャネル体験の重要性

製造業では、従来、製品の品質や価格が競争力の源泉とされてきました。
しかし、今日では、顧客体験の質が差別化の鍵を握るようになっています。
特に、BtoBビジネスにおいては、購買プロセスが長期化・複雑化する傾向にあり、様々なチャネルを通じたタッチポイントが増加しています。
そのため、一貫したブランド体験を提供し、顧客との長期的な関係性を構築することが重要です。
また、製品のコモディティ化が進む中で、付加価値サービスによる差別化も求められます。
オムニチャネル体験の構築は、こうした課題に対応するための有力なアプローチといえます。

オムニチャネル体験を実現するためのポイント

オムニチャネル体験を実現するためには、以下のようなポイントに留意する必要があります。

1. 顧客中心の視点に立つ:
顧客の行動や嗜好、ニーズを深く理解し、それに基づいて体験設計を行うことが重要です。
単なる自社都合の押し付けではなく、顧客の立場に立って考える姿勢が求められます。

2. データの統合と活用:
各チャネルで収集した顧客データを統合し、全社的に共有・活用する仕組みを構築します。
これにより、一人ひとりの顧客に対して、最適なアプローチを行うことができます。

3. チャネル間の連携:
各チャネルが独立して運営されるのではなく、相互に連携し、シームレスな体験を提供することが重要です。
例えば、オンラインで在庫情報を確認し、店舗で商品を受け取れるようにするなどの工夫が求められます。

4. 組織体制の見直し:
オムニチャネル体験の実現には、部門間の垣根を越えた連携が不可欠です。
従来の縦割り組織では限界があるため、顧客中心の組織体制へと移行していく必要があります。

5. テクノロジーの活用:
AI、IoT、ビッグデータ分析など、先進的なテクノロジーを活用することで、より高度なオムニチャネル体験を実現することができます。
ただし、技術ありきではなく、あくまで顧客価値の創造を目的とすることが重要です。

オムニチャネル体験構築の事例

オムニチャネル体験の構築に成功している製造業の事例として、以下のようなものが挙げられます。

– ナイキ:
スニーカーの製造・販売で知られるナイキは、NIKEiDというカスタムオーダーサービスを提供しています。
ウェブサイトや店舗のタッチスクリーンで、顧客が自分好みにデザインしたスニーカーを注文できます。
また、NIKEアプリを通じて、ランニングの記録を管理したり、パーソナライズされた商品情報を受け取ったりすることもできます。

– ダイキン工業:
空調機器メーカーのダイキン工業は、顧客接点の強化に力を入れています。
製品の購入から設置、メンテナンスまで、一気通貫でサポートする体制を整えています。
また、スマートフォンアプリを通じて、空調機器の遠隔操作やエネルギー消費量の確認などができるようにしています。

– ハーレーダビッドソン:
オートバイメーカーのハーレーダビッドソンは、ブランドコミュニティの形成に注力しています。
ハーレーオーナー向けのイベントやツーリングを開催し、ファン同士の交流を促進しています。
また、ウェブサイトやアプリ上でも、ユーザー同士がつながり、情報交換できる場を提供しています。

製造業がデジタル時代を生き抜くためには、オムニチャネル体験の構築が鍵となります。
顧客中心の発想で、様々なチャネルを通じた一貫したブランド体験を提供することが求められます。
そのためには、データの統合、チャネル間の連携、組織体制の見直しなど、様々な課題に取り組む必要があります。
また、先進的なテクノロジーを活用することで、より高度なオムニチャネル体験を実現することも可能です。
製造業各社が、自社の強みを活かしながら、オムニチャネル戦略を推進していくことを期待したいと思います。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)