製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

製造業の営業におけるソーシャルリスニング:SNSから顧客ニーズを把握する方法

製造業の営業におけるソーシャルリスニング:SNSから顧客ニーズを把握する方法

製造業における競争は年々激化しており、市場や顧客のニーズを敏感にキャッチすることが求められています。
このような中で注目を集めているのが「ソーシャルリスニング」です。
ソーシャルリスニングとは、SNS上で顧客や潜在顧客が発信する情報を収集・分析し、経営戦略やマーケティング活動に役立てる手法です。
特に製造業の営業活動において、ソーシャルリスニングを活用することでより効果的な営業戦略を立てることが可能となります。

ソーシャルリスニングとは

ソーシャルリスニングは、SNSやオンラインフォーラムなどで顧客が発信する声を収集し、そのデータを分析する方法です。
これにより、顧客のニーズや市場のトレンドを早期にキャッチすることが可能となります。

主なデータソースと収集方法

一般的にソーシャルリスニングで利用されるデータソースとしては、Twitter、Facebook、LinkedIn、InstagramなどのSNSプラットフォームがあります。
これらのプラットフォームで特定のキーワードやハッシュタグをモニタリングすることで、関連する投稿を収集します。
また、口コミサイトや専門フォーラム、ブログなども重要なデータソースとなります。

収集したデータの分析方法

収集したデータは単なる文字列の集合ではなく、テキストマイニングや自然言語処理を用いた分析が必要です。
これにより、ポジティブ・ネガティブな感情の判別やトレンドの把握、具体的なニーズの抽出が可能となります。
多くの企業は、ソーシャルリスニングツールを導入し、これらの分析を効率的に行っています。

なぜ製造業の営業でソーシャルリスニングが重要なのか

製造業の営業活動は、B2B(企業対企業)のビジネス形態が多く、その特性から潜在顧客のニーズを正確に把握することが難しい場合があります。
そこで、ソーシャルリスニングを活用することで、顧客の声を直接キャッチし、営業戦略に反映させることができます。

顧客ニーズの早期把握

SNS上で顧客が発信する情報はリアルタイムであり、製品やサービスに対するフィードバックを即座に得ることができます。
これにより、製品開発や改善、マーケティング戦略などに迅速に反映させることが可能です。
たとえば、新製品のプロトタイプを公開した際の顧客の反応をモニタリングし、改良点を見つけ出すことができます。

競合分析に役立つ

競合他社の製品やサービスに対する評価や意見もSNSで多く見受けられます。
これを分析することで、自社製品との差異を明確にし、競争力を高めるための戦略を立てることができます。
また、競合がどのような営業戦略を取っているのかを知ることで、自社の営業戦略にも反映させることが可能です。

ブランドイメージの管理

顧客の声をモニタリングすることで、自社のブランドイメージをどう捉えられているかを把握することができます。
ネガティブな意見に対しては迅速に対応し、ブランド価値を保つ努力が求められます。
また、ポジティブなフィードバックを活用し、営業資料やプレゼンテーションに反映させることで、営業活動の強化につなげることができます。

ソーシャルリスニングの導入手順

ソーシャルリスニングを効果的に導入するためには、以下の手順を踏むことが重要です。

目的の明確化

まず、ソーシャルリスニングを何のために活用するのか、目的を明確にすることが重要です。
例えば、新製品の市場反応を知りたい、特定の市場トレンドを把握したい、競合他社の分析を行いたいなど、具体的な目標を設定します。

キーとなるキーワードの設定

次に、モニタリングすべきキーワードやフレーズを設定します。
自社製品の名称、業界固有の用語、競合他社の名称などを含むリストを作成し、それを元にデータを収集します。

ソーシャルリスニングツールの選定

市場には多くのソーシャルリスニングツールがありますが、自社のニーズや予算に合ったものを選定することが重要です。
例えば、Brandwatch、Hootsuite、Sprout Socialなどが人気のツールです。

データ収集と分析

選定したツールを用いてデータを収集し、テキストマイニングや自然言語処理を用いた分析を行います。
この際、感情分析やトレンド分析などを行い、具体的なインサイトを抽出します。

結果の反映とフィードバック

分析結果をもとに、営業戦略や製品開発、マーケティング活動などに反映させることが重要です。
また、定期的に結果をフィードバックし、改善を図ることも欠かせません。

導入事例:成功した製造業企業のケーススタディ

ここでは、実際にソーシャルリスニングを導入し、成功を収めた製造業企業のケーススタディを紹介します。

事例1:自動車部品メーカーA社

A社では、新製品のテストドライブイベントを開催し、その際の顧客反応をSNSでモニタリングしました。
収集したデータを分析した結果、いくつかの技術的な改良点が浮き彫りになり、それを基に製品の改良を行いました。
最終的に、改良された製品は市場で高評価を得ることができ、売上増加に成功しました。

事例2:化学製品メーカーB社

B社では、競合他社の動向をモニタリングするためにソーシャルリスニングを活用しました。
競合製品の使用者のフィードバックを分析し、自社製品との差異を明確にすることで、マーケティング資料を強化しました。
その結果、営業チームの成績が向上し、新規顧客の獲得に成功しました。

 

製造業におけるソーシャルリスニングの重要性はますます高まっています。
特に競争の激しい市場においては、顧客ニーズの早期把握や競合分析、ブランドイメージの管理が鍵となります。
ソーシャルリスニングを効果的に活用することで、より強力な営業戦略を築き、持続的なビジネスの成長を実現することが可能です。
是非、ソーシャルリスニングを導入し、製造業の営業活動に役立ててください。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)