投稿日:2024年6月12日

「進化するロボット草刈り機:GPS機能とスマホ操作で効率化を実現」

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎(たなか たろう):山田さん、この和同産業のロボット草刈り機「ロボモアKRONOS」ってのん、だいぶん進化してるやんか。GPS搭載して効率もかなり上がるみたいやけど、あんたの会社でもこういうのん取り入れてるんかいな?

山田美穂(やまだ みほ):田中さん、これ面白いですね。私たちの会社は主に都市部にオフィスがあるんで、草刈り機は使ってませんけど、この新技術の応用には興味が湧きます。特にGPS機能で精度が上がる点なんて、他にも応用できそうです。

田中太郎:確かに都市部では使わんかもしれんけど、工場の敷地内とかならいけるかもしれん。特にウチみたいな製造業の小さな工場でも草刈りの手間が省けたら、かなり助かるわ。

山田美穂:そうですね、管理コストの削減にもつながりそうですし。あと、スマートフォンのアプリケーションで操作できるのも便利ですよね。テクノロジーと効率の組み合わせは魅力的です。

田中太郎:おう、今んところうちでもスマホで操作できる機械はちょろちょろ導入してるけど、この草刈り機もその一環で考えた方がええかもしれんな。スケジュール設定も一週間単位でできるのんは柔軟やし。

山田美穂:例えば、草の生える速度に合わせてスケジュールを変えたり、重点的に刈り取りが必要な場所を指定できるのって、効率的ですよね。

田中太郎:せやで。特に果樹園とか広い敷地を持つとこでは特に役立つはずや。草の多い場所をピンポイントで刈れるんは、無駄が少ないし。

山田美穂:さらにバッテリーの寿命を長くする「バッテリーセーブ機能」も、長期的に見ればコストパフォーマンスが良さそうです。

田中太郎:それな。充電ステーションもいらん手間も減らせるし、環境にも優しいやろ。ワイヤの素材変更で断線リスクも下がるっちゅうのもポイント高いわ。

山田美穂:確かに、耐腐食性が高まると、メンテナンスの頻度も減って安定した運用が期待できますね。全体的に見て非常に優れた設計です。

田中太郎:んで、51万1500円っちゅう価格設定についてはどない思う?うちらの規模でも手が届くレベルやけど。

山田美穂:その価格でこの機能なら、コスパは良いと思います。中長期的に見れば人件費の削減や効率化の効果を考えると十分に元が取れそうですね。

田中太郎:そうか、うちもこれ検討してみよかね。新技術を使うことは、これからの時代には不可欠やさかいな。山田さん、話聞いてくれてありがとうな!

山田美穂:こちらこそ、田中さん。お話できて良かったです。また何か新しい技術があったらぜひ教えてください。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)