投稿日:2024年6月4日

「高齢化社会と革新技術:パナソニックの冷蔵庫戦略に学ぶ製造業の未来」

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎(たなか たろう): いやー、パナソニックがこんなに気合入れて冷蔵庫作っとるとはな。売上高1.5倍狙っとるんはなかなかのチャレンジやで。

山田美穂(やまだ みほ): そうですね、田中さん。特に国内市場の高齢者向けの小型高性能製品なんて、ニッチだけど非常に有望です。高齢化社会を見据えた非常に合理的なアプローチです。

田中太郎: ほんまやな。300リットルくらいのコンパクトで高機能な冷蔵庫は使い勝手がええやろ。うちのおかんも喜びそうや。人工知能(AI)カメラとかも面白そうやな。

山田美穂: AI技術を活用することで、例えば食材の管理や消費期限の通知なんて、かなり便利になりますね。冷蔵庫が勝手に最適な温度に調整してくれるのも、特に高齢者にとって大助かりです。

田中太郎: そやな。うちの製造業でもAI活用できへんかって考えることあるわ。けど、製品の全数検査ってのもすごいな。これはさすがに品質管理のプロやな。

山田美穂: そうですね。全数検査を行うことで不良品を市場に出すリスクを減らせますし、消費者の信頼も高まります。これって製造業全体に通じる教訓ですよね。

田中太郎: パナソニックは国内だけやなくて、海外市場も狙うとるんやな。インドやインドネシアなんか、人口多いし経済成長もしとるしいいタイミングやな。

山田美穂: ええ、インドやインドネシアの市場はこれからますます重要になります。特に中間層が増えてきているので、高品質な家電製品が求められるようになってきてます。

田中太郎: それに、草津工場で複数機種を同じラインで生産する方式も面白いな。これがうまくいけば、うちの工場でも応用できるかもしれへん。

山田美穂: 本当にそうですね。生産効率を上げるための工夫と、技術の進化を取り入れることで、競争力を強化することが必要です。パナソニックの取り組みから学べることは多いですね。

田中太郎: よっしゃ、ほんならうちも負けてられへんな。新技術取り入れて、もっと効率上げて、うちの製品も世界に負けんように頑張るで!

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)