投稿日:2024年6月5日

アルファバスジャパンの自動運転小型EVバスがもたらす地方交通革命

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎: 美穂さん、あのニュース見たか?中国の会社が小型EVバスを日本に投入するやつ。

山田美穂: あ、見ましたよ。アルファバスジャパンっていう会社が2024年度内に自動運転「レベル4」に対応したEVバスを導入するって話ですよね。

田中太郎: そうやねん。あれ、ええんちゃう?特に地方のコミュニティバスとかにピッタリや思うねんけどな。

山田美穂: 確かに、都市の過密な交通状況には対応しづらいかもしれないけど、地方自治体にはかなり便利そうですね。特に新しい技術を導入することで効率化も期待できそうです。

田中太郎: それにな、このバスは小型やから狭い道でも運行できるし、航続距離も200キロメートルって結構ええ感じやんか。

山田美穂: そうですね、価格が2500万円というのも地方自治体にとっては手頃な範囲かもしれません。電気バスの維持費もガソリン車に比べると安いですし。

田中太郎: そやけど、やっぱり自動運転レベル4ってのがすごい魅力やな。これが実現すれば安全性も全然違うやろし、運転手の負担も減るやろ。

山田美穂: おっしゃるとおりです。自動運転が一般に普及すれば、高齢化が進む地方でも交通の利便性を確保できるでしょうね。しかも、アルファバスジャパンは2024年度内にそれを導入するっていうのが早いですね。

田中太郎: ほんまや。また、アルファバスジャパンは中国の技術を取り入れてるから、品質もええんやろな。まあ、初期のトラブルはあるかもしれんけど、それをどう乗り越えるかがポイントやな。

山田美穂: まさにそうです。技術の導入だけでなく、その技術をどう運用していくかっていう観点が重要ですね。特に日本では、信頼性が非常に重視されますから。

田中太郎: ちなみに、美穂さんの会社でもこの手の技術、何か取り入れてるんか?

山田美穂: うちの会社も、実は自動運転技術にかなり投資してます。ただ、バスのような公共交通機関よりも、物流や商用車両向けにフォーカスしてます。物流の効率化もホットなテーマですからね。

田中太郎: なるほどな。どちらにしても、自動運転技術が広がれば、色んな面でビジネスチャンスが増えるやろな。地方の中小企業にも新しいチャンスが来るかもしれん。

 

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)