製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

自動化コンバインが農業に革命をもたらす 〜普及に向けた課題と展望〜

自動化コンバインが農業に革命をもたらす 〜普及に向けた課題と展望〜

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎田中太郎:ほんま、これは革命的やな!ほ場の9割の作業を自動化できるコンバインなんて、農家さんにとっては夢のようなもんやろ。

山田美穂山田美穂:そうですね、田中さん。農業の担い手不足が深刻化する中、こういった技術革新は必要不可欠だと思います。効率化を図ることで、農業の持続可能性を高められるはずです。

田中太郎田中太郎:せやな。でも、値段が高いのが気になるわ。2261万円からやて。中小の農家さんにとっては、なかなか手が出しにくい価格やないかな。

山田美穂山田美穂:確かに初期投資は高いですが、長期的に見れば労働力の削減につながるので、コストメリットはあると思います。政府の補助金などを活用できれば、導入のハードルも下がるのではないでしょうか。

田中太郎田中太郎:なるほど、補助金な。それは良い案やな。でも、こういう新しい技術を導入するには、農家さんの意識改革も必要やと思うわ。昔ながらのやり方に固執しとったら、なかなか前に進まへんからな。

山田美穂山田美穂:そのとおりですね。技術を導入するだけでなく、それを活用する人材の育成も重要です。農業従事者へのトレーニングや教育を充実させることで、新技術への理解と受容性を高められると思います。

田中太郎田中太郎:せやな。それと、メンテナンスの問題もあるな。こういう高度な機械は、故障したときの対応が大変やと思うわ。サポート体制もしっかり整えんといかんな。

山田美穂山田美穂:はい、アフターサービスは非常に重要ですね。メーカー側も、販売後のサポートに力を入れる必要があります。遠隔診断システムなどを活用して、迅速なトラブル対応ができる体制を整備することが求められます。

田中太郎田中太郎:ほんまそれ。農家さんが安心して使えるようにせなあかんわ。それと、他のメーカーもこういう自動化技術を開発しとるみたいやけど、競争が激しくなりそうやな。

山田美穂山田美穂:競争は必要だと思います。各社が切磋琢磨することで、より高度な技術が生まれ、農家のニーズに合った製品が開発されるはずです。健全な競争が、業界全体の発展につながるのではないでしょうか。

田中太郎田中太郎:せやな。でも、농가ごとにほ場の条件が違うから、画一的な製品やサービスではあかんと思うわ。それぞれの农家に合わせたカスタマイズができるようにせなあかん。

山田美穂山田美穂:おっしゃるとおりです。農家ごとに異なる課題やニーズに対応できる柔軟性が求められます。メーカー側は、農家との密なコミュニケーションを通じて、そういった個別のニーズを把握し、製品開発に反映させていく必要がありますね。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)