投稿日:2024年6月12日

次世代電池市場の拡大に向けた中小企業の挑戦と機会

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎(たなか たろう): 「めっちゃ興味深いニュースやな、美穂さん。次世代電池の市場が2035年には6倍にもなるっちゅうことやけど、これってうちの会社にも関係あるんちゃう?」

山田美穂(やまだ みほ): 「そうですね、田中さん。特にRF電池や全固体リチウムイオン電池の市場成長がすごいです。田中さんの会社もエネルギー関連の部品を製造しているので、チャンスが広がるかもしれませんね。」

田中太郎: 「RF電池っちゅうのんは、長周期の電圧変動対策にええらしいけど、うちらの製造プロセスでも採用できるかな?」

山田美穂: 「十分に可能性があると思いますよ。特に再生可能エネルギーの普及が進む中で、大型のRF電池の需要が増えるので、田中さんの会社が生産する部品が必要になるかもしれません。」

田中太郎: 「ほんでまた、酸化物系全固体リチウムイオン電池も注目されてるねんな。これって電気自動車にも使われるんやろ?」

山田美穂: 「その通りです。電気自動車向けの全固体リチウムイオン電池は、特に高い安全性と長寿命が期待されます。田中さんの会社が関連する部品を提供できれば、大きなビジネスチャンスがありますね。」

田中太郎: 「なるほどなあ。うちらも新しい技術に対応できるように、もっと研究開発に力を入れんとあかんな。」

山田美穂: 「ええ、その通りです。特に2035年に向けて市場が急速に拡大するなら、今から準備をしておくことが重要です。新しい技術やプロセスの導入を進めていくべきですね。」

田中太郎: 「ほんで、具体的になにをしたらええんやろ?おすすめの取り組みとかある?」

山田美穂: 「まずは次世代電池に関する技術トレンドを把握し、製造プロセスの見直しを行うことです。それと、研究機関や大学との連携も検討してみてはいかがでしょう。」

田中太郎: 「研究機関との連携か。せやな、大阪にも有名な大学があるし、一度相談してみるのもありかもしれん。」

山田美穂: 「それに、新しい技術を取り入れるための投資も怠らないようにしましょう。資金が必要なら、政府の支援プログラムや補助金の活用も考慮するべきです。」

田中太郎: 「そうやな、美穂さんのアドバイス、めっちゃ参考になったわ。今週中にも社員とミーティング開いて、この新しい方向性について話し合ってみるわ。」

山田美穂: 「それは素晴らしいです。うまくいくことを祈っています。次世代電池市場の成長は、田中さんの会社にとっても大きなチャンスになると思います。」

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)