投稿日:2024年6月11日

「中小企業も電動化の波に乗れ!最新技術でコスト削減と効率アップを目指す」

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎(たなか たろう):おぅ、美穂ちゃん、今度の「人とくるまのテクノロジー展」で新しい電動化技術が色々紹介されたらしいで。聞いたか?

山田美穂(やまだ みほ):ああ、もちろん聞いたわ!特にヴァレオのワイヤレス給電システム、「イニーズ エア・チャージング・システム」が興味深かったわね。コスト削減に成功してるって話題になってたわ。

田中太郎:せやな、ウチでも新技術でコスト削減できたら最高やな。でも、これだけ進んでる技術やと、中小企業にも影響あるんとちゃうか?

山田美穂:確かに。特にジヤトコの日産と開発してる「X-in-1」って次世代電動パワートレーンも気になるわ。2019年比で30%のコスト削減を目指してるって、実現したら大きいわよね。

田中太郎:ほんまや。主要部品の共有化とかゼロから見直してる生産ラインとか、ウチでも取り入れられへんかな?

山田美穂:中小企業でも取り組める部分はあるわ。例えば、東海理化のインホイールモーターなんか、高効率な制御ができるセンサーモジュールで電費性能を向上させてるし。これ、取り入れる価値あるんじゃない?

田中太郎:そうかもな。コスト削減も大事やけど、製品の性能向上も欠かされへん。バッテリーの軽量化や信頼性もポイントやねんけど、美穂ちゃん、そこはどう思う?

山田美穂:バッテリーの軽量化についてはダイキョーニシカワの樹脂製バッテリーカバーがいい例よね。金属から樹脂への置き換えで耐火性も高められるし。これも参考になるわよ。

田中太郎:なるほど。樹脂で軽量化するのって、金属と比べて形状加工の自由度も高いから、メリット多いわな。

山田美穂:そうね。あと、フコクのバッテリーホールドシートも注目よ。充放電時のバッテリーセルの膨張・収縮を抑えることで長寿命化と信頼性向上が期待できるわ。

田中太郎:せや、長寿命化できたらコストも抑えられるし、信頼性も上がる。これ、うちの製品にも使えたらええなぁ。

山田美穂:やっぱり電動化の流れは止められないわね。トヨタや日産、ホンダも新車種や革新技術を投入してるし。田中さんのところも、将来的にはどうしていくつもり?

田中太郎:ワイとしては、まずは既存技術の効率化とコスト削減やな。その延長線上で、新技術も取り入れていきたいと思ってる。電動化に乗り遅れたらアカンしな。

山田美穂:その通りね。自動車業界全体が一丸となって取り組んでるから、協力の余地は十分あるわ。中小企業でも、デジタルツールを活用して更なる効率化を図るべきだわ。

田中太郎:それは確かにそうやな。うまいこといけば、ウチも大手と肩を並べるくらいの競争力を持てるかもしれん。いろんな技術を駆使して、これからも頑張らなアカンな。

山田美穂:その意気込み、大事よ。技術の進歩は速いから、一緒に勉強しながら前進していきましょう、田中さん。

田中太郎:おう、美穂ちゃん、一緒に頑張っていこか。新しい技術、効率化、全部取り入れて前に進もうや!

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)