投稿日:2024年6月5日

チュニジアのグリーン水素プロジェクトに見る再生可能エネルギーの未来:日本の挑戦と協力の可能性

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎(たなかたろう):ほんま、なんか最近は再生可能エネルギーの話題が尽きひんわな。特にこのフランスとオーストリアの企業がチュニジアでグリーン水素開発するっちゅうニュース、めっちゃ興味深いで。美穂ちゃんはどう思う?

山田美穂(やまだみほ):そうですね、田中さん。このプロジェクトは本当にエキサイティングです。大規模なグリーン水素生産が予定されていて、それが欧州市場への主要供給源になる可能性があるんですから。特に、チュニジアみたいな地域の持続可能な発展にとっても大きなチャンスだと思います。

田中太郎:せやな、チュニジアって確か経済的にそれほど豊かやないんちゃう?このプロジェクトが成功したら、雇用も増えるし、経済も発展するやろな。これでどんだけの雇用が生まれるんやろ。ほんまにワクワクするわ。

山田美穂:はい、COOも多くの雇用創出を強調していました。それに、再生可能エネルギーを利用したグリーン水素は、環境負荷を減らすうえでも非常に重要です。持続可能なエネルギー供給の分野で、日本ももっと積極的に関与すべきですね。

田中太郎:まったくその通りや。再生可能エネルギーは未来のエネルギー源やし、日本も乗り遅れたらあかん。大阪の中小企業もこういう技術を取り入れて、競争力を高めていかんとな。

山田美穂:私は東京の大企業に勤めていますが、大手企業でも再生可能エネルギーへのシフトは急速に進んでいます。特にグリーン水素は将来のエネルギーの鍵となるでしょう。ただ、技術開発やコストの問題もありますから、一緒に解決策を探る必要がありますね。

田中太郎:そうやな。技術開発やコストの問題は確かにでかいわ。けど、それを乗り越えるためには、みんなが協力せなあかん。大企業も中小企業も一緒になってやることで、もっと効率的に進んでいけると思うで。

山田美穂:仰る通りですね。企業間の連携も重要です。特に田中さんのような経験豊富な製造業のプロフェッショナルと連携することができれば、技術の実現可能性や実用化にも大いに役立ちますから。

田中太郎:それで思い出したんやけど、このニュースやと初期段階で年間20万トンで、最終的には年間100万トンのグリーン水素を生産する計画らしいけど、そのスケールはえげつないな。日本でもこんな大規模プロジェクトが必要やと思うわ。

山田美穂:はい、私も同感です。政府や企業が一丸となって、大規模な再生可能エネルギープロジェクトを推進することで、日本もこの分野でリーダーシップを取ることができるでしょう。特にカーボンニュートラルを目指すなら、こういった大規模プロジェクトは不可欠です。

田中太郎:うん、カーボンニュートラルはもはや避けられん課題やな。けど、そのためには技術もやけど、資金も要るよな。資金調達の方法とか、美穂ちゃんはなんかアイデアあるぅ?

山田美穂:確かに資金調達は大きな課題ですね。一つの方法として、民間投資や政府の補助金を組み合わせることが考えられます。また、グリーンボンドやESG投資を利用するのも有効です。これでクリーンエネルギーへの投資を促進できます。

田中太郎:おお、そのアイデアええやん。グリーンボンドとかESG投資の利用なら、資金も集まりやすいし、社会的な信用も高まるやろな。それをうまく使って、日本ももっと再生可能エネルギーに力入れていかなあかん。

山田美穂:はい、その通りです。これらの新しいアプローチを積極的に取り入れて、日本もグリーン水素を中心とした再生可能エネルギーのリーダーになる日が来ることを期待しています。田中さんとも一緒にその未来を作りたいです。

田中太郎:美穂ちゃん、ほんまに頼もしいわ。これからも一緒に頑張って、グリーンな未来を築いていこうな。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)