投稿日:2024年6月5日

日野と三菱ふそう統合、1年の遅延背景に不正問題と競争法リスク

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎:ほんなら、山田さん、この日野と三菱ふそうの統合のニュースについてどう思います?

山田美穂:そうですね、田中さん。計画が1年も延期しているのは驚きですが、競争法の許認可と日野自のエンジン認証不正が背景にあると聞いています。けど、それにしても1年はちょっと長引きすぎですよね。

田中太郎:うん、まあ、競争法の許認可取るのに時間かかるっちゅうのもわかるんやけど、そもそもそれを見越して計画立てたはずやないか? なんでこんなに後手後手に回っとるんやろな。

山田美穂:日野自のエンジン認証不正が大きな要因かもね。米司法省の調査も進行中とのことだから、罰金がどれだけ高額になるか、ダイムラー・トラック側もリスクを見極めるのに慎重になっているんでしょう。

田中太郎:そやな、罰金のケタが不明っちゅうのは確かに心配の種やな。それでダイムラーのモチベーションが下がってきとるっちゅう話も無理ないわ。

山田美穂:そう、その問題が続いている限り株主にも説明できないですし、統合がうまくいくかどうか不透明ですものね。それに、トヨタ側も支援には限界があるって言ってますし。

田中太郎:せやけど、燃料電池システムやら水素活用での連携は興味深いやん。協業がうまくいけば、脱炭素社会へ向けた一歩になるかもしれんけどな。

山田美穂:確かに技術的なシナジーは期待できます。ただ、日野自の業績予想が不透明なままだと、企業経営としての健全性が条件となる上場にも影響しますよね。

田中太郎:上場の条件も満たせんとあかんし、投資家への説明責任も重大や。特に日野自の株主総会が6月26日に控えているし、ここでどう説明するかやな。

山田美穂:そうですね、ステークホルダーへの説明がうまくいかないと次のステップにも進めませんもの。これからどうなるか、引き続き注目していく必要がありますね。

田中太郎:そうやな、統合がうまくいかへん可能性も半分くらいあるっちゅう見立てやけど、業界全体に与える影響も大きいやろな。ほんまに目が離されへんわ。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)