製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

IHIが次世代航空機の電力制御・熱マネジメント技術を開発へ NEDOから125億円の支援受け燃費5%以上改善目指す

IHIが次世代航空機の電力制御・熱マネジメント技術を開発へ NEDOから125億円の支援受け燃費5%以上改善目指す

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎田中太郎:ほんで、IHIが航空機の新しい技術開発するらしいで。電力制御とか熱・エアマネジメントシステムとかいうんやけど、どないやろ?

山田美穂山田美穂:はい、次世代航空機開発に向けた大規模なプロジェクトですよね。NEDOのグリーンイノベーション基金事業に採択されたみたいです。2030年度までに技術的成熟度をTRLレベル6以上にするのが目標だそうです。

田中太郎田中太郎:ほーそれは、すごいな。でもTRLレベル6以上やなんて、よくわからんわ。どういう意味なんや?

山田美穂山田美穂:TRLというのは技術成熟度を表す指標で、レベル6は「実環境に近い環境での実証」を意味します。つまり、実用化に近いレベルまで技術を磨き上げるということですね。

田中太郎田中太郎:なるほど、そういうことか。で、具体的にはどんな技術開発するんやろ?

山田美穂山田美穂:記事によると、出力1メガワット以上のエンジン内蔵型発電機や、世界最大級の55キロワット以上の出力を持つ航空機向けガス軸受モーターを搭載した電動ターボ機械などを開発するみたいですよ。

田中太郎田中太郎:ほーえらい大きな出力やな。でも、そんなんで何ができるんやろ?

山田美穂山田美穂:これらの技術を適用して、熱・エアマネジメントシステムを構築することで、従来の航空機に比べて5%以上燃費を改善できるそうです。燃費改善は航空業界にとって大きな課題ですからね。

田中太郎田中太郎:5%以上の燃費改善か。それはすごいな。航空会社にとっては燃料コストが経営に大きく影響するからな。

山田美穂山田美穂:そうですね。それに、環境面でも大きな意味がありますよ。航空機の燃費が改善されれば、CO2排出量も削減できますから。

田中太郎田中太郎:なるほど、環境にもええことづくめやな。でも、そんな最先端の技術を開発するんはお金もかかりそうやけど、大丈夫なんかいな。

山田美穂山田美穂:プロジェクトの事業規模は約151億円で、そのうち約125億円をNEDOから支援を受けるそうです。国を挙げての大型プロジェクトなので、資金面でもしっかりサポートされているんですね。

田中太郎田中太郎:国からそんなに支援してもらえるんか。それなら安心やな。日本の技術力を世界に示すチャンスやから、がんばってほしいもんやな。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)