投稿日:2024年6月6日

GaNパワー半導体の革新とその将来: 高効率省エネ技術の可能性

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎(たなか たろう):ほな、美穂ちゃん、このニュースで言うとこのGaNパワー半導体ってのがええやんか?何がそんなに特別なんや?

山田美穂(やまだ みほ):そうですね、田中社長。GaNパワー半導体、特に豊田合成が開発してるこの技術は高効率で高速スイッチングが可能なんです。要するに、電気の使い方がすごく効率的になるから、電動車用モーターやデータセンターなんかで大きな利用が期待されてるんですよ。

田中太郎:ほんなら、わてらの工場でも使えるんやろか?高速スイッチングっちゅうことは、生産ラインがもっと効率的になるっちゅうことやもんな。

山田美穂:そうかもしれませんね。GaNパワー半導体を使うことで、省エネルギー効果も得られますから、長期的に見ればコスト削減も期待できます。

田中太郎:でも、コストが課題やって言うとるねんな?大阪大学と三菱ケミカルも連携しとるちゅうけど、量産がまだ難しいいうことか?

山田美穂:ええ、そうなんです。でもNaフラックス法っていう新しい製造方法を使って、6インチの基板化も始めてるみたいですし、今後さらに改善される余地があります。

田中太郎:なるほどな。そやけど8―10インチへの大型化に向けてまだ課題があるっちゅうことで、完全には安定供給ができひんわけやな。これ、いつ頃から本格的に使えるようになるんやろか?

山田美穂:ニュースでは2024年度末に6インチのサンプル供給を目指すって書いてありますね。だから実用化まではもう少し時間がかかるかもしれません。

田中太郎:そしたら、あと1,2年は見とかなあかんっちゅうことやな。でもここでGaNが普及すれば、大きなメリットがあるのは間違いないな。

山田美穂:ええ。ただ、GaNの実用化が進むことで、特にエネルギー効率の向上とカーボンニュートラル実現に向けた取り組みが加速しますから、企業としても持続可能な発展が期待できます。

田中太郎:おお、それは素晴らしいことやな!わてもだいぶエネルギー効率にこだわってるけど、こないな技術がどんどん出てきてくれたらほんまにええわ。

山田美穂:未来のためにも、大手企業だけでなく中小企業も新しい技術に積極的に取り組んでいくことが大切ですね。そういう意味では田中社長のような方が業界にとって非常に重要な役割を果たしているんですよ。

田中太郎:そう言うてくれるとありがたいわ。美穂ちゃんもこうして色々教えてくれるから、ほんまに助かるわ。これからも情報交換して、お互いに成長していこうな。

山田美穂:もちろんです!お互いの強みを活かして、もっと効率的で持続可能な製造業を目指しましょうね。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)