製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

京阪HD、IR撤退リスクを懸念し中之島線延伸を断念 大阪の将来見据えた判断を

京阪HD、IR撤退リスクを懸念し中之島線延伸を断念 大阪の将来見据えた判断を

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎田中太郎:おはようさん、山田さん。京阪HDが中之島線の延伸を断念したそうやな。IRの撤退リスクがあるからって、30年の開業を見送るんやて。どう思う?

山田美穂山田美穂:おはようございます、田中さん。そうですね、IRの撤退リスクを考慮した判断だと思います。実施協定に盛り込まれた解除権の存在が大きいですよね。期限が26年9月末までとなっているので、その後の状況次第では延伸計画が白紙になる可能性もありますから。

田中太郎田中太郎:なるほどな。でもな、IR事業者が撤退したらアカンやろ。大阪の経済発展のチャンスを逃してまうで。

山田美穂山田美穂:確かにそうですね。IRは大阪経済にとって大きな起爆剤になると期待されていますから、撤退はマイナスの影響が大きいでしょう。ただ、事業者側としてもリスクを慎重に見極める必要があるのは理解できます。

田中太郎田中太郎:せやな。でも、インフラ整備は将来を見据えて進めんといかんのとちゃうかな。IRの撤退リスクはあるにしても、中之島線の延伸自体は大阪の発展につながると思うねん。

山田美穂山田美穂:そうですね。中之島線の延伸は、IR以外にも大阪の交通ネットワークの強化につながります。長期的な視点に立てば、延伸を進めるメリットは大きいと思います。

田中太郎田中太郎:ほんまそれや。京阪HDには、もう一度よう考えてほしいわ。IRの撤退リスクだけで判断するんはちょっと短絡的すぎるんちゃうかな。

山田美穂山田美穂:おっしゃる通りです。京阪HDには、より慎重に状況を見極めつつ、大阪の将来を見据えた判断をしてほしいですね。IRの動向に左右されすぎず、独自の視点を持つことが重要だと思います。

田中太郎田中太郎:せやな。京阪HDには、大阪の発展に貢献する企業であってほしいわ。今回の判断は残念やけど、今後に期待したいな。

山田美穂山田美穂:そうですね。京阪HDには、大阪の交通インフラを支える重要な役割がありますから、長期的な視点を持って事業を進めてほしいと思います。IRの動向にも注目しつつ、中之島線延伸の実現に向けて努力を続けてもらいたいですね。

田中太郎田中太郎:ほんまそれや。大阪の未来のために、みんなで知恵を出し合って頑張らんとな。今回の件を教訓に、もっとええ方向に進んでいけたらええな。

山田美穂山田美穂:はい、その通りですね。大阪の発展のために、企業も行政も市民も一丸となって取り組んでいく必要があります。IRの実現とインフラ整備が両立できるよう、知恵を絞っていきたいですね。前向きな議論を続けていきましょう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)