製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

ケニアがグリーンファイナンスのタクソノミー原案を発表 中小企業にも新たなチャンス

ケニアがグリーンファイナンスのタクソノミー原案を発表 中小企業にも新たなチャンス

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎田中太郎:みほちゃん、このニュース見た?ケニアがグリーンファイナンスのタクソノミーの原案を出したらしいで。ちょっと難しい言葉やけど、どないな意味なん?

山田美穂山田美穂:タクソノミーとは、環境に優しい経済活動を明確に分類する基準のことですね。これを使って、金融機関や企業が投資する際の判断材料にしたり、政府の政策決定に役立てようというものです。

田中太郎田中太郎:なるほど、わかりやすい説明サンキュー。ほんで、ケニアではグリーンファイナンスの基準がはっきりせえへんかったんやな。

山田美穂山田美穂:そうなんです。多くの金融機関がグリーンファイナンスに関する融資額を発表していましたが、その基準があいまいだったんですよ。だからこそ、タクソノミーを導入して、基準を明確化しようとしているんです。

田中太郎田中太郎:それで、ケニアは再生可能エネルギーとか電気自動車にも力入れてるみたいやな。このタクソノミーを使って、ちゃんとしたグリーン分野への投資を増やしていきたいんやろなぁ。

山田美穂山田美穂:その通りです。再生可能エネルギーの比率が高く、電気自動車の生産や普及にも積極的なケニアにとって、タクソノミーは重要なツールになるでしょう。グリーンウォッシングを防ぎつつ、本当に環境に良い分野に投資を集めることができます。

田中太郎田中太郎:グリーンウォッシングって、聞いたことあるわ。環境に優しいふりをするけど、実際はそうじゃないってことやろ?そういうのを防ぐのにもタクソノミーは役立つんやな。

山田美穂山田美穂:はい、そういったグリーンウォッシングを抑止する効果も期待できます。タクソノミーによって、企業の環境への取り組みがより透明になり、本当に環境に良いことをしている企業が評価されるようになるでしょう。

田中太郎田中太郎:ほんまにそうやな。うちのような中小零細企業にとっても、環境に優しい取り組みをアピールできるチャンスになるかもしれへんな。

山田美穂山田美穂:そうですね。タクソノミーを活用することで、中小企業も環境に配慮した事業を展開し、投資を呼び込むことができるかもしれません。ただ、基準を満たすためには、技術的な課題もあるでしょうから、しっかりと準備する必要がありますね。

田中太郎田中太郎:せやな。新しい技術や設備の導入には、コストもかかるしリスクもあるからな。でも、長い目で見れば、環境に優しい企業として評価されるのは大事やと思うわ。うちも、タクソノミーの動向をしっかり見守って、できることから取り組んでいきたいな。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)