投稿日:2024年6月6日

マレーシアのアンワル首相、中央アジアとの経済・文化連携強化:日本企業にも新たなビジネスチャンス到来?

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎:山田さん、このニュース読んでどう思う?マレーシアのアンワル首相、えらい積極的に中央アジアと文化やビジネスのつながりを深めようとしとるようやけど。

山田美穂:田中社長、確かにそうですね。特に投資や産業協力に関する進展が目立ちます。カザフスタンだけでも3億5,000万ドル超の投資が合意されているとか、すごいですよね。

田中太郎:ほんまやな。うちも海外進出考えたことあるけど、こういう具体的な協力文書やら合意書がしっかりしてないとなかなか踏み切れんで。でも、なんで今こんなに中央アジアに力入れとるんやろ?

山田美穂:それはたぶん、中央アジアがまだ開拓されていない市場であり、将来の成長余地が大きいからでしょう。特にハラール産業やイスラム金融の分野では、共通の宗教や価値観が強みになりますよね。

田中太郎:なるほどな。確かに、宗教や価値観が共通やったらビジネスもしやすいかもしれん。でも、工業製品とかとなると文化の違いがあるから、そこらへんの調整が難しそうやね。

山田美穂:そうですね。でも、この訪問によって具体的なプロジェクトが動き出しているのは前向きな兆候です。例えば、ウズベキスタンのガス処理プロジェクトはエネルギーセクターにとって大きな進展ですよ。

田中太郎:ガスからポリマーやグリーンアンモニアを作るって、技術面でも大きな挑戦やけど、成功すりゃ相当なメリットがあるな。でも、山田さん、これって日本企業にとってもチャンスなんちゃう?

山田美穂:はい、絶対にそうです。特に日本の技術力は高評価されていますから、こういったプロジェクトに協力することで存在感を高めることができます。それに中央アジア市場はまだ開拓途中ですから、競争もそこまで激しくないはず。

田中太郎:そしたら、うちの会社もなんか参入できそうな分野があるかもしれんね。食品産業や鉱業、自動車用オイルとか興味あるなぁ。でも、やっぱり具体的な情報とパートナーが大事やろ?

山田美穂:その通りです。パートナーシップの構築や現地の情報収集は必須です。田中社長、お互いの強みを生かした協力関係を築ければ、リスクを減らしながら利益を最大化できるはずです。

田中太郎:そうやな。せやけど、現地の文化やビジネスマナーを理解するのも大事やな。どないして現地の企業と信頼関係を築くかが成功のカギやろうな。

山田美穂:そこでテクノロジーの出番です。今回のニュースではIT企業やスタートアップへの投資も触れられていましたが、デジタルプラットフォームやSNSを活用すれば、簡単に情報共有やコミュニケーションが図れますからね。

田中太郎:そらそうやけど、やっぱり最終的には現地に行って直接顔を合わせるのが一番やと思うで。オフラインの交流も大事にせなあかんな。

山田美穂:確かに、デジタルだけでは限界がありますね。フェイストゥフェイスのコミュニケーションが信頼関係を築くベースになりますから、そのバランスがポイントでしょう。

田中太郎:山田さんの言う通りやな。デジタルとオフラインの両方をうまく組み合わせて、新しい市場に挑戦してみるのもええかもしれん。次のステップとしてしっかり考えなあかんな。

山田美穂:田中社長、すばらしい視点ですね。私も何かプレミアムな情報が手に入ったらすぐにシェアしますね。お互いに助け合いながら新しい挑戦を楽しみましょう!

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)