製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

三菱商事の米国でのDAC事業参画と合成燃料への展望

三菱商事の米国でのDAC事業参画と合成燃料への展望

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎田中太郎:おはようさんやで、山田さん。三菱商事がアメリカでDAC事業に参画するんやって。なんか凄そうやなぁ。

山田美穂山田美穂:おはようございます、田中さん。そうですね、DACは大気中のCO2を直接回収する革新的な技術ですからね。気候変動対策としても注目されています。

田中太郎田中太郎:せやけど、そのDAC言うのは、どないして大気中のCO2を回収できるんやろ?ワシには難しそうに思えるんやけど。

山田美穂山田美穂:DACはいくつかの方式がありますが、主に化学吸着剤を使ってCO2を吸着させ、それを加熱することでCO2を分離・回収します。回収効率の高い吸着剤の開発などが進んでいて、コストダウンも期待されているんですよ。

田中太郎田中太郎:なるほど、そういう仕組みやったんか。でも、回収したCO2はどないするんやろ?

山田美穂山田美穂:回収したCO2は地下貯留するか、合成燃料などの原料として活用することが考えられています。三菱商事の場合は、合成メタンや持続可能な航空燃料の原料としても検討しているようですね。

田中太郎田中太郎:合成燃料か。それも何か新しい技術なんかいな?

山田美穂山田美穂:はい、合成燃料は再生可能エネルギーを使ってCO2と水素から作る燃料のことです。カーボンニュートラルな燃料として期待されていて、特に航空機や船舶など電化が難しい分野での活用が見込まれています。

田中太郎田中太郎:はぇ〜、そないな燃料もあるんか。世の中進んでるなぁ。でも、コストとかはどないなんやろ?

山田美穂山田美穂:現状では従来の化石燃料に比べてコストが高いのが課題ですね。でも、技術開発やスケールメリットによるコストダウンが進めば、将来的には競争力のある燃料になる可能性があります。あと、カーボンプライシングなどの政策的な後押しも重要だと思います。

田中太郎田中太郎:なるほど、まだまだ課題はありそうやけど、将来有望な技術なんやな。ワシらの会社でも、何か新しい取り組みを考えんとあかんかもしれんな。

山田美穂山田美穂:そうですね。気候変動対策は企業にとっても重要な経営課題になってきています。田中さんの会社でも、省エネや再エネ導入など、できることから始めてみてはどうでしょうか。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)