投稿日:2024年7月8日

三井化学の2030年度成長戦略と中小企業の挑戦: オーラルケアとBGM事業の未来を探る

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎田中太郎: ほな、美穂さん、三井化学の成長戦略について話し合おか。2030年度に向けたプランやけど、これどない思う?

山田美穂山田美穂: そうですね、太郎さん。特にライフ&ヘルスケアとベーシック&グリーン・マテリアルズ事業の2本柱に注力してるところが印象的です。ライフ&ヘルスケアは特にオーラルケアに力を入れるみたいですね。

田中太郎田中太郎: オーラルケアは歯科材とかやね。独クルツァーの収益を強化する言うてるけど、これがうまくいったら大きいんちゃう?

山田美穂山田美穂: そうですよね。橋本社長も現状の収益をさらに上げることを目指してるみたいですし、合理化や新製品投入で利益率を向上させる計画も具体的です。

田中太郎田中太郎: 新製品や合理化で利益を上げるって、ほんまに難しいけど、もし成功したら市場に大きなインパクトを与えるやろうな。

山田美穂山田美穂: ええ、特にM&Aを通じて米国市場も視野に入れているところが魅力的です。太郎さんの会社でも、グローバル市場へ進出する計画とかありますか?

田中太郎田中太郎: うちも考えてるけど、大手みたいに簡単にはいかへんで。資金やリソースの問題とか、色々課題が山積みや。

山田美穂山田美穂: なるほど、確かにその点は大きな差がありますね。でも、太郎さんの会社も新技術や効率化には力を入れてますよね?

田中太郎田中太郎: そやね。ウチも新技術やらプロセス改善に注力してるけど、それでも競争は激しいわ。三井化学のBGM事業の再編とか、うちも同じように再編を考えたことあるで。

山田美穂山田美穂: 再編はリスクも伴いますが、大きなリターンも期待できますよね。特にBGMでは2026年度までにコア営業利益200億円への回復を見据えているのは、かなり野心的です。

田中太郎田中太郎: そうやな。特にエチレンプラントの西日本での連携とか、規模が大きいプロジェクトやろ。それがうまくいけば、再編も成功するかもしれへんな。

山田美穂山田美穂: ええ、協力することによって効率化も進むなんて、非常に戦略的です。橋本社長が言うてる「自立して稼いだ資金を再投資に回す」という考え方も共感できます。

田中太郎田中太郎: うん、それが一番難しいとこやけど、うまくいったら安定成長への道筋がつくれるんやろな。ウチもその考え方を取り入れていきたいわ。

山田美穂山田美穂: その姿勢、素晴らしいです。互いに学び合って、業界全体が成長できるようにしていきたいですね。

田中太郎田中太郎: ほんまにそうやな。お互いに頑張ろな、美穂さん。

山田美穂山田美穂: 頑張りましょう、太郎さん!

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)