投稿日:2024年6月10日

日建設計、CO2削減とバイオミミクリーデザインで革新をリード

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎: 美穂さん、この日建設計のニュース読んだ?CO2最大40%削減やって。これ、ものすごいことやと思うわ。

山田美穂: ええ、もちろん読みましたよ、田中さん。このプロトタイプ、本当にすごいですね。CO2削減だけでなく、バイオミミクリーのデザイン取り入れたってところが革新的です。

田中太郎: せやろ。でも、実際に現場でこれを活かすってなると、ちょっと難しい面もあるやろな。大阪の中小企業にまで浸透するんか、そこが気になるわ。

山田美穂: そうですね、でも大手が率先して取り入れれば、下請けや中小企業も追随しやすくなるかもしれません。CO2削減のためには全体的な取り組みが必要ですし。

田中太郎: なるほどなぁ。確かに、大手が率先してやったら、流れができるかもしれん。でも、その前に技術の一部でも共有してほしいな。

山田美穂: そうですね、そうすればコストも下げられますし、新しい取り組みも導入しやすくなります。実際、技術共有のプラットフォームができればもっと広がるかも。

田中太郎: 技術共有、ええ考えやな。それなら、わいらもすぐに取り組めるようになる。特に冷暖システムの部分な、これ、まるで生物の身体みたいで面白いやん。

山田美穂: 本当ですね。「ワンダーネット」や「発汗」の仕組みから学ぶって、自然界の効率的なシステムを利用するのは賢いです。私たちのオフィスでも使ってみたいです。

田中太郎: 美穂さんのオフィスでこれ取り入れたら、効果がよく分かるんちゃう?成功例が増えたら、信用も高まるし。中小企業も安心して導入できるようになる。

山田美穂: それは確かに。まずは実績を作ることが重要です。また、政府の補助金や補助プログラムを利用するのも良いかもしれません。CO2削減ならそれもあり得ますね。

田中太郎: そうやな、補助金が出るなら導入のハードルが下がるわ。政府もこういう取り組みを支援してほしいな。

山田美穂: はい、確かに。補助金や支援プログラムを利用すれば、大企業から中小企業まで広く導入が進むと思います。今後の展開が楽しみですね。

田中太郎: うん、この技術が普及すれば、環境にも企業にも絶対ええ影響が出る。わいらも新しいことに挑戦せなあかんな。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)