製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

新たな太陽光路面発電装置の実証実験開始:企業視点から見た持続可能エネルギーの可能性

新たな太陽光路面発電装置の実証実験開始:企業視点から見た持続可能エネルギーの可能性

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎田中太郎(たなか たろう):おう、美穂さん。なんかJR東海が新しめの太陽光路面発電装置の実証実験始めるらしいで。これ、どない思う?

山田美穂山田美穂(やまだ みほ):あ、太郎さん、それ聞きましたよ。太陽光とEVの使用済み電池を組み合わせて自立給電するシステムですよね。これ、かなり画期的だと思いますよ。持続可能性の観点から見ても、リサイクルとエネルギー自給を組み合わせてるところが特に。

田中太郎田中太郎:せやな、使い捨てずに再利用するのはええことや。あんたの会社でもこんなシステム取り入れる予定とかあんの?

山田美穂山田美穂:まだ具体的な計画はないですけど、こういう技術は確実に注目されるでしょうね。特に災害時の非常用電源としても使えるっていうのは大きいです。太郎さんのところの工場でも応用できそうじゃないですか?

田中太郎田中太郎:そうやな。うちでも、むちゃくちゃ電気使うし、災害時に停電したらほんまに困るわ。これ、企業として何か備えとかんとあかんもんな。特にウチは大阪やから大地震がいつ来てもおかしないし。

山田美穂山田美穂:そうですね。実証実験の結果次第で、もっと広まるといいですけど。耐久性もどれくらいあるのか気になりますね。使い物になるなら、導入した方がいいと思います。

田中太郎田中太郎:そうや、何年ももってくれんと意味ないわな。しかし、このシステムの設置が簡単やっていうのも、ええポイントやわ。工場の稼働止めんでも済むんやったら、導入しやすいわ。

山田美穂山田美穂:確かに。その点も企業には大きな魅力ですね。あと、環境への影響を軽減するためにも、こういう技術が一般的になるといいですね。

田中太郎田中太郎:美穂さん、あんたは東京の企業やからビジネス視点で見るやろけど、実際製造現場でどんだけ効果あるかも考えなあかんねん。その辺、どんな風に評価するんや?

山田美穂山田美穂:そうですね、まずはコストパフォーマンスと実際の効果というデータを見極める必要がありますよね。それから、社員の教育やメンテナンスの手間も考慮しないといけないですし。

田中太郎田中太郎:せやけど、初期費用が高すぎたら導入難しいやろな。中小企業にはなかなか厳しいもんがあんねん。そちらのフォローもちゃんとしてくれるとありがたいけどな。

山田美穂山田美穂:確かに。初期投資と長期的なリターンのバランスをどう取るかが鍵ですね。新技術が普及するためには、政府の補助金や支援プログラムも必要でしょうね。

田中太郎田中太郎:そういう補助金がもっと分かりやすくて、手続きも簡単になればいいねんけどな。ほんま、それが一番中小企業にとっては助かる。

山田美穂山田美穂:そうですよね。これからの時代、環境と経済の両立を目指す企業が増えてくると思います。そのためには、こういう技術や支援がもっと普及してくれるといいですね。

田中太郎田中太郎:そうやな。これからも見守る価値ありやわ。実証実験の結果が出るんが楽しみや。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)