製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

NY州の半導体産業集積に向けた日本企業との連携の可能性

NY州の半導体産業集積に向けた日本企業との連携の可能性

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎田中太郎:みほちゃん、このニュース記事見たか?NY州が半導体産業の集積を加速しとるみたいやな。日本の企業もこれからもっとNY州と連携していくみたいやで。

山田美穂山田美穂:ええ、拝見しましたよ。NY州は1980年代から産官学連携で半導体製造開発に力を入れてきたみたいですね。マイクロンやグローバルファウンドリーズなどの大手チップメーカーも同州に生産拠点を持っているそうです。

田中太郎田中太郎:そうそう、最近ではマイクロンが1,000億ドル規模の大型工場を新設したり、グローバルファウンドリーズがCHIPSプラス法の助成を受けたりしとるみたいやな。州政府も100億ドル規模の投資優遇策を設けとるらしいで。

山田美穂山田美穂:NY州政府の積極的な支援策も印象的ですね。今回のイベントでは、先端パッケージング関連素材や、フォトマスクの加工、先端半導体向け検査技術など、多岐にわたる企業がピッチを行ったそうです。

田中太郎田中太郎:ほんまやな。ネットワーキングでは、アルバニーの先端半導体研究開発支援機関のNY CREATESも参加して、日本企業とも対話しとったみたいやで。NY CREATESのCOOは日本企業との連携に期待を示しとったらしいな。

山田美穂山田美穂:ジェトロの理事も、NY州と日本が互いを補完しながら半導体市場を形成していくことが重要だと述べていましたね。日米協業支援を強化していくそうです。

田中太郎田中太郎:わしも同感やな。日本の企業がNY州との連携を深めていくことで、新しい技術やビジネスチャンスが生まれるかもしれへんな。NY州の半導体エコシステムに参入していくのも面白いかもしれへんで。

山田美穂山田美穂:そうですね。日本企業がNY州の半導体産業集積のメリットを活用しながら、自社の強みを生かせる分野で協業していくことが大切だと思います。技術面だけでなく、人材交流なども進めていけば、イノベーションが加速するかもしれません。

田中太郎田中太郎:確かに、人材交流は重要やな。日本の企業もNY州の企業から学ぶことは多いと思うで。一方で、日本の製造業の強みを生かして、NY州の半導体産業の発展に貢献することもできるはずや。

山田美穂山田美穂:双方の強みを持ち寄って、Win-Winの関係を築いていくことが理想的ですよね。日本企業としては、NY州の半導体エコシステムの動向を注視しつつ、戦略的に連携先を探っていく必要がありそうです。

田中太郎田中太郎:そうやな。ジェトロのサポートも活用しながら、NY州との連携の可能性を探っていきたいで。わしらの会社も、新しい技術やパートナーシップを求めて、積極的にアクションを起こさなあかんな。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)