投稿日:2024年6月4日

中小企業が直面する電動建機導入の現実と未来の戦略

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎:おお、美穂さん、このニュース読んだ?日立建機がゼロエミッションの建設機械を開発中って話やねんけど、どう思う?

山田美穂:そうね、田中さん。日立建機の取り組みは非常に興味深いわ。特に新しい研究施設「ゼロ・エミッション・EVラボ」の設立は大きな一歩と言えるわね。

田中太郎:確かにな、でもうちらの中小企業がこの電動建機を導入するんは、まだまだ現実的ちゃうんちゃうか。価格も高いし、性能もディーゼルエンジンと比べたらまだまだやろ?

山田美穂:その点は同意するわ、田中さん。充電時間や稼働時間の問題があるけど、企業のイメージや環境への配慮も考えると、長期的には電動化が必須になると思うの。

田中太郎:それはそうかもしれんけど、現状ではコストがネックやな。おまけに日本の電気料金も高いから、電動建機の運用費もバカにならんで。

山田美穂:だからこそ、政府や関連団体の支援が重要になるわね。日立建機のような大手が声を上げてくれることで、中小企業も恩恵を受けられる可能性が増えるわ。

田中太郎:せやな、でもそれまで待ってたら、うちの競争力がおちてまうんちゃうか。せやから、何かうまいこと効率化していかんとあかんわ。

山田美穂:確かにそうね、田中さん。実際に運用するためには、充電設備や電動機器のインフラ整備も必要だから、早めに取り組む準備を始めるべきかもね。

田中太郎:そうやな。ただ、設備投資が最小限で済むような方法を考えなあかんな。なんかアイデアある?

山田美穂:たとえば、電力供給の自家発電システムを導入することも考えられるわよ。最近は再生可能エネルギーに関しても技術が進化しているし、それを組み合わせることで運用コストを抑えることができるかもしれないわ。

田中太郎:それええな。太陽光パネルとかで自家発電して、そこで電動建機を充電するっちゅう流れか。初期投資はあるけど、長期的に見たら回収できるかもやな。

山田美穂:その通りよ、田中さん。あと、電動建機のレンタル事業を始めるのも一つの手かも。多くの企業が一度に高額な投資を避けるために、短期間で導入できるレンタルに興味を持つかもしれないわ。

田中太郎:なるほど、レンタルか。それ実際に考えてみてもええかもしれんな。それでニーズを探ることもできるしな。オレらみたいな中小企業でも手が届くように工夫しなあかん。

山田美穂:田中さん、それは素晴らしい視点だわ。日立建機の取り組みも、業界全体でサポートしていくことで、日本全体のゼロエミッション化が進むと思うの。だから、企業同士のコラボレーションも重要よね。

田中太郎:せやな、美穂さん。お互い協力して、うまいことやっていかなあかんわ。うちも今後の動向をしっかり見て、即対応できるように準備していくで。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)