投稿日:2024年6月10日

シャープの空気亜鉛蓄電池:中小企業におけるコスト削減とサステナビリティの未来

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎(たなか たろう): いやぁ、美穂さん、このシャープの空気亜鉛蓄電池って、すごいなぁ。リチウムイオン電池よりも低コストで大容量って、これからうちの工場にも取り入れられるんちゃうか?

山田美穂(やまだ みほ): そうですね、太郎さん。シャープがこういった新技術を実用化するのは素晴らしいことです。特に、太陽光発電システムと組み合わせて使えるという点が、大きなメリットですよね。低コストで大容量の蓄電池ができると、エネルギーコストも削減できるでしょうし。

田中太郎: それやな。特にウチみたいな中小企業にとって、コスト削減は命題やからな。でも、この蓄電池って充放電のセルとエネルギーの貯蔵部が分かれてるんやな。どんな影響があるんやろ?

山田美穂: そうですね、太郎さん。充放電のセルと貯蔵部が分かれていることで、貯蔵部を大型化しやすいという利点があります。これによって、大容量化が可能になるので、将来的にはもっと大きなエネルギーを蓄えられるようになるというわけです。

田中太郎: なるほどなぁ。でも、車載用には向かんって書いてるけど、なんでやと思う?電解液が循環するんが問題なんかな?

山田美穂: その通りですね、太郎さん。電解液が循環するため、定置用途に限定されるようです。つまり、安定した場所で使うのに適しているということですね。工場やビルのような固定された場所で使うには最適ですけど、移動する車両には向かないというわけです。

田中太郎: それなら、工場向けとしてはピッタリやな。あと、レアメタルを使わんというのも環境にも優しいし、材料の調達も楽になるんちゃうかな?

山田美穂: そうですね。レアメタルを使わないことで、材料費が抑えられるだけでなく、資源の枯渇問題にも取り組むことができます。これは非常にサステナブルなアプローチです。特に今後のエネルギー市場では、こういった持続可能な技術が求められるでしょう。

田中太郎: ほんまやな。コストも低いし、環境にも優しい。これから需要が増えてきそうやな。でも、実証実験は2024年後半からやろ?それまでに何か対策とか考えておかなあかんのちゃう?

山田美穂: そうですね、実証実験の結果を待つ間に、現行のエネルギーコストを見直したり、効率化を進めることが重要です。また、新技術が導入される際のトレーニングやインフラの準備も欠かせませんね。

田中太郎: そうか。やっぱり準備が大事やな。実証実験がうまくいけば、うちも導入を検討したいわ。美穂さんの会社ではどういう風に取り入れようとしてるんや?

山田美穂: うちの会社では、まずは実証実験の結果を注視する予定です。将来的には、エネルギーコスト削減のためにも空気亜鉛蓄電池の導入を検討しています。また、顧客向けにもこの技術を提案していくつもりです。それに、サステナビリティ戦略の一環として、環境に優しい技術を積極的に導入していく方針です。

田中太郎: ええことやなぁ。これからは環境への配慮も企業の競争力になる時代やからな。おれも積極的に勉強せなアカンわ。美穂さん、また色々教えてな。

山田美穂: もちろんです、太郎さん。いつでもお手伝いしますよ。新しい技術に対応していくのは大変ですけど、やりがいもありますから、一緒にがんばりましょう。

田中太郎: うん、そうやな。これからもよろしく頼むわ、美穂さん。

山田美穂: こちらこそ、よろしくお願いします、太郎さん。新しい時代を一緒に切り開いていきましょう!

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)