投稿日:2024年6月11日

鍛圧機械業界の未来を見据えた戦略と挑戦: 日立造船とアマダの対応策

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

山田美穂: 田中さん、今回のニュースについてどう思われます?

田中太郎: おー、山田さん。しっかりニュース読んだで。いろんな鍛圧機械メーカーが増収を期待しとるみたいやね。でも、販管費が利益率を左右するってところはちょっと注意せなあかんところやな。

山田美穂: そうですね。販管費の上昇をどう捉えるかが重要です。私は特にアマダの戦略に注目しています。彼らはグリーンエネルギーや農業関連での需要を見越しており、北米市場が好調とのことです。

田中太郎: その通りやね。アマダさんは利益率の高い商品を増やすことで、売上げを支えてる感じやな。自動化投資も見逃せんね。自動化が進めば人手不足の問題も少しは解消されるやろうし。

山田美穂: それに対して、日立造船は少し苦戦しているようです。EVシフトの対応やコスト増の問題があるみたいですけど、これも業界全体に影響を及ぼしそうですよね。

田中太郎: EVのシフトは確かに大きい変化やな。これにしっかり対応せんと、業界全体での競争力が弱なるかもしれへん。日立造船さんも頑張らなあかんよな。

山田美穂: そう思います。でも、コマツ産機が大型プレス機で好調というのは興味深いです。彼らはこの分野での需要をしっかり掴んできていますね。

田中太郎: うん、大型プレス機は一部の特定市場での需要が高いからね。彼らの増収の見込みも納得できるわ。ほんで、日鍛工の予想を見る限り、全体的には鍛圧機械の市場もまだ成長していく余地がありそうやな。

山田美穂: ただ、アイダエンジニアリングのように、EVモーターコア向けの受注減少が続いていることも気になりますね。このトレンドがどう影響するか注視する必要があると思います。

田中太郎: せやねん。高速プレス機の需要が下がり続けるんかどうか、鈴木社長も慎重に見てるみたいやけど、これが全体の供給チェーンにどのくらい影響を及ぼすかも考えとかなあかん。

山田美穂: そうですね。全体的な需要回復や、新しい技術への投資がどう繋がっていくかが鍵でしょう。でも、田中さんのおっしゃる通り、自動化や効率化の進展が私たちには大きなチャンスになると信じています。

田中太郎: ほんまやな。常に新しい技術を取り入れて、効率を上げていくことが大事や。うちの会社でももっと積極的に取り組んでいかなあかんと改めて思たわ。

山田美穂: はい、頑張りましょう!業界の変化に柔軟に対応しながら、共に成長していきたいですね。

こんな感じで会話が進むでしょうか。いかがでしょうか?

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)