投稿日:2024年6月12日

田中太郎と山田美穂の対話から学ぶ「トーヨータイヤのNANOENERGY M951EVがもたらすEVトラックの持続可能な革新」

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎:美穂さん、このトーヨータイヤの新しいスタッドレスタイヤ「NANOENERGY M951EV」、なかなかすごい技術やなぁ。エネルギーロスを低減しつつ耐摩耗性も上げるって、どんな仕組みなんやろ?

山田美穂:そうですよね、田中さん。このナノ・コンポジット・ポリマーの技術、特に興味深いです。摩耗抑制とトラクション性能を両立させるって、理想的な解決策でしょうね。EVトラックの特性を考えると、これがかなりのインパクトを与えると思います。

田中太郎:せやなぁ。うちの工場でも物流の効率化を考えて、小型EVトラックの導入を検討しとるんやけど、こういうタイヤがあると安心やわ。摩耗が少ないってことは、タイヤ交換の頻度も減るやろし、コスト削減にも繋がるやろ?

山田美穂:そうですね、田中さん。維持管理の効率化は重要ですからね。納期に厳しい業界では、タイヤ交換の頻度が少なくなるのは大きなメリットです。しかも、ビードワイヤに再生素材を使用して環境にも配慮している点も評価できます。

田中太郎:ビードワイヤって、確かタイヤのリムの部分を強化するためのもんやったな。再生素材を使うことで、環境への負荷を減らすってのは素晴らしい考えや。どんどんエコに進んどるなぁ。

山田美穂:はい、特に都市部での運転が多い場合、排出ガスの抑制だけでなく、廃棄物の削減も重要です。経済メリットだけでなく、企業としての社会責任も果たせますし、このタイヤはその両方に貢献しています。

田中太郎:そういう点で言うと、このタイヤの開発はほんまに時代のニーズに応えとるなぁ。中小企業も環境対策に貢献できるもんやから、うちもぜひ考えたいところや。美穂さんの会社ではどう考えてるんや?

山田美穂:私の会社でも、持続可能性は非常に重要な課題です。特に製造業や物流業界において、エネルギー効率や環境負荷の低減は避けて通れない問題です。EVトラック専用のタイヤがここまで進化すれば、取り組みやすくなりますね。

田中太郎:おっしゃる通りや。運送業界全体で見ると、EVトラックの導入が進む中で、こういった技術革新はますます重要になるやろな。特に都市部での小口運送やと、低電費性能も重要やし。

山田美穂:そうですね、EVトラックは特に都市部での配達に最適ですが、バッテリーの持ちを考えると、エネルギーロスの低減は非常にありがたいです。この技術は、今後のEVトラックの普及をさらに加速させるでしょう。

田中太郎:せやなぁ。この技術が広まれば、もっと多くの企業がEVトラックを導入しやすくなるやろし、結果として全体の脱炭素化にも貢献できる。うちも積極的に取り組んでいかなアカンな。

山田美穂:そうですね。一緒に業界全体を進化させていきましょう。トーヨータイヤのような企業の先進的な取り組みを活用しながら、私たちも新しいアプローチを模索していく必要がありますね。

田中太郎:了解や、美穂さん。これからも情報共有していこうや。お互いの知見を活かして、もっと良いビジネスにしていこう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)