投稿日:2024年6月11日

「東工大ベンチャー、台湾で3D半導体量産開始:新たな技術革新と国際協力の可能性」

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎(たなか たろう):美穂さん、このニュース見た?東工大のベンチャーが3D半導体の量産を台湾で始めるって話。

山田美穂(やまだ みほ):見ましたよ、太郎さん。これはかなり革新的なプロジェクトですね。特にBBキューブ技術は注目に値します。バンプを使わずにシステムを小型化できるのは、大変有望ですよ。

田中太郎:そうやね。うちの会社でも効率化の方法を模索してるんやけど、こういう技術が普及することで製造業全体が変わりそうやな。

山田美穂:たしかに。これにより、製品の小型化や性能向上が期待できるだけでなく、人材育成の面でも大きな利点がありますね。台湾国立成功大学との共同研究も興味深いです。

田中太郎:日本の技術を台湾で製造するってのもおもろい選択やな。フットワークが軽いってのが理由らしいけど、やっぱ日本の産業構造も色々考えなアカンな。

山田美穂:そうですね。日本国内での製造環境が整っていない現実を直視することも必要ですが、逆に国際的な協力で新たな道を模索するのも一つの方法です。

田中太郎:でもやっぱり、99%オールジャパンの技術を活かせる場所が日本にはないってのは寂しい話やな。政府ももっと支援してほしいもんやで。

山田美穂:そうですね。特に中小企業にとっては技術の革新が生き残りの鍵です。そう考えると、このような拠点を海外に持つことは新しいビジネスモデルになるかもしれません。

田中太郎:うちも新技術の導入を考えてるけど、この3D半導体の技術、どんな風に使えるか考えてみる価値がありそうやな。

山田美穂:太郎さんの会社も製造ラインの効率化に興味を持っているのなら、本当に参考になると思います。でも初期投資やリスク管理もしっかり考えないと、後で痛い目を見ることになります。

田中太郎:ほんまやな、その通りやわ。だけど、リスクがあるからこそ大きな飛躍が期待できる。そう考えるとうまくバランスを取ることが大切やな。

山田美穂:私たちの現在の経営環境もまさにその通りです。新技術の導入には常にリスクが伴いますが、それを乗り越えることで次のステージに進むことができます。

田中太郎:まぁ、とにかくこのニュースで何か新しいアイデアが生まれたらええな。今後の展開に期待や。

山田美穂:同感です。テック・エクステンションの成功が新たな業界のスタンダードを作り出すかもしれませんね。お互いに高く狙いましょう、太郎さん。

田中太郎:ほんまや、お互い頑張ろな、美穂さん。次世代の技術を使いこなして、ええ仕事しましょ。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)