製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

トラック業界、課題乗り越え新たな成長へ〜部品不足解消、新技術導入で活路を見出す〜

トラック業界、課題乗り越え新たな成長へ〜部品不足解消、新技術導入で活路を見出す〜

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎田中太郎:みほちゃん、このニュース記事見てどう思う?トラック業界も大変やなぁ。コロナに部品不足、そのうえ日野自動車の認証問題まであって、ようやく回復してきたみたいやけど。

山田美穂山田美穂:そうですね、田中さん。トラック業界は様々な課題に直面していますが、徐々に状況は改善されつつあるようです。特に、部品不足の問題が解消されつつあるのは朗報ですね。ただ、日野自動車の認証問題の影響はまだ残っているようです。

田中太郎田中太郎:せやな。でも、日野自動車も一部のエンジンで認証を取り直してるみたいやし、来年度はもっと売り上げ伸ばせるんちゃうかな。それにしても、架装メーカーの人手不足が深刻みたいやなぁ。需要はあるのに供給が追い付かへんのは勿体ないよなぁ。

山田美穂山田美穂:仰る通りです。需要に対して供給が追い付かないのは、ビジネスチャンスを逃してしまう可能性がありますからね。架装メーカーの人手不足は、業界全体で取り組むべき課題だと思います。IoTやAIなどのテクノロジーを活用して、生産性を向上させることも一つの手段かもしれません。

田中太郎田中太郎:なるほど、そういう技術を使うのは面白そうやな。ウチみたいな中小零細企業でも、もっと効率化できる余地はありそうやわ。でも、新しい技術を導入するにはコストもかかるしリスクもあるから、なかなか踏み切れへんのが現状やねんなぁ。

山田美穂山田美穂:確かに、新技術の導入にはコストとリスクが伴いますよね。でも、長期的に見れば、競争力を維持するためには不可欠だと思います。政府の支援策なども活用しながら、少しずつでも新しい取り組みにチャレンジしていくことが大切だと思います。

田中太郎田中太郎:せやな、政府の支援策も上手く使わなあかんよな。うちらみたいな中小企業は情報収集が大変やから、もっと分かりやすく発信してほしいわ。それと、他の企業とも協力しながら、一緒に新しいことにチャレンジしていくのも大事やと思うねん。

山田美穂山田美穂:おっしゃる通りです。中小企業同士の協力や、大企業との連携なども有効な手段だと思います。情報共有や共同開発なども積極的に行っていくことで、リスクを分散しつつ、新しい価値を生み出していけるのではないでしょうか。業界全体で知恵を出し合って、課題解決に取り組んでいく必要がありますね。

田中太郎田中太郎:そやな、みんなで力を合わせていかなあかんよな。うちらも、もっと情報収集して、他の企業とつながりを作っていかんとな。せっかくのビジネスチャンスを逃さんようにせんとな。

山田美穂山田美穂:そうですね。今回のニュースを見ても、トラック業界には まだまだ成長の余地があると感じました。私たちも、業界の動向を注視しつつ、新しい技術やアプローチを積極的に取り入れていきたいと思います。一緒に頑張りましょう。

田中太郎田中太郎:ほんまやな。がんばろう!

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)