製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

中小企業が日産の戦略から学ぶべきポイントとは?

中小企業が日産の戦略から学ぶべきポイントとは?

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎田中太郎(たなか たろう):ほんなら、山田さん、日産のこの業績予想どない思うねん?わいら中小企業でも参考になるか?

山田美穂山田美穂(やまだ みほ):田中さん、日産の発表は非常に興味深いですね。売上高だけでなく、営業利益も増加を見込んでいるのは、しっかりと両面からの戦略を取っている証拠です。大手企業でも中小企業でも、きちんとした計画が大事なのは変わりませんよ。

田中太郎田中太郎:せやけど、インフレがあるて言うてるやろ?そこが心配やなぁ。原材料のコストが上がると、うちの製造業界にも影響が出るんちゃうか。

山田美穂山田美穂:確かにインフレは影響大きいですけど、日産はコスト削減に成功して営業利益を上げているから、コスト管理の重要性がわかりますね。田中さんの会社でもコストを見直して、効率化を図ることで対応できる部分はあるかと思います。

田中太郎田中太郎:そやけど、北米や欧州、中国といった市場での拡販も大きなポイントやで。わいら中小企業がこんな大きな市場には立ち向かえんのちゃうかな。

山田美穂山田美穂:そこは確かに勝手が違いますが、逆に考えると、地域ごとの需要をしっかり研究して、それぞれの市場に適した商品を提供する考え方は、中小企業にも参考になるはずです。例えば、田中さんの会社の製品を新しい市場に合わせる取り組みとかどうでしょうか?

田中太郎田中太郎:なるほどな、ほんまやな。日産も日本市場では小型車「ノート」や軽電気自動車「サクラ」を期待しとるらしい。うちも特化した製品ラインアップを考え直すのもええかもしれん。

山田美穂山田美穂:その通りですね。「セントラ」や「ヴァーサ」のように特定の地域で受け入れられる商品を作れば、中小企業でも競争力を強化できるでしょう。それに、日産のように新エネルギー車の生産を計画するのも今後のトレンドですね。

田中太郎田中太郎:新エネルギー車なぁ…ちょっと夢物語ちゃうか?わいらにはまだ遠い話やけど、そこは確かに見越しとかなアカンかもなぁ。

山田美穂山田美穂:でも、少しずつでも準備しておくのは大事ですよ。日産も今の成績を一朝一夕で達成したわけではありませんから。内田社長が「量から価値の創出に焦点を移す」って言ったことも、中小企業にとっては価値の追求が重要なテーマになります。

田中太郎田中太郎:ほんまやな、量より質やな。わいらも価値ある製品を作って、どの市場でも競争力を持てるようにせなアカンなぁ。

山田美穂山田美穂:その姿勢が大事ですね。今後の挑戦が楽しみです。田中さんの会社も、日産のように徹底した戦略と計画で未来を切り開けたら、きっと成功すると思いますよ。

田中太郎田中太郎:ありがとさん、美穂さん。わいももう一度しっかり計画見直して、新しい挑戦に取り組むわ。あなたも応援してくれると心強いやん。

山田美穂山田美穂:もちろんです、田中さん!一緒に頑張りましょう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)