製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

デジタルモックアップの活用: 製造業サプライチェーンにおける製品設計と生産性向上の革新

デジタルモックアップの活用: 製造業サプライチェーンにおける製品設計と生産性向上の革新

製造業において、製品設計から生産までのプロセスを効率化することは重要な課題です。
近年、デジタルモックアップ(DMU)の活用が注目されています。
DMUは、製品の設計と生産性向上に革新をもたらす技術として期待されています。
本記事では、製造業サプライチェーンにおけるDMUの活用について、現場目線の実践的な内容と最新の技術動向を交えて解説します。

デジタルモックアップとは

デジタルモックアップ(DMU)とは、製品の設計段階でコンピュータ上に3Dモデルを作成し、仮想的に組み立てや検証を行う技術です。
従来の物理的なモックアップと比較して、DMUは時間とコストを大幅に削減できます。
また、設計変更や改善も容易に行えるため、製品の品質向上にも貢献します。
DMUは、航空宇宙産業や自動車産業を中心に広く活用されており、今後さらなる普及が見込まれています。

製品設計におけるDMUの活用

製品設計の段階でDMUを活用することで、様々なメリットが得られます。
まず、設計の早期段階で製品の組み立て性や機能性を検証できるため、設計品質の向上が期待できます。
また、設計変更による影響を事前に把握できるため、手戻りを防止し、開発期間の短縮につながります。
さらに、DMUを活用することで、設計データの共有と活用が容易になり、部門間のコラボレーションが促進されます。
これにより、製品設計の効率化と最適化が実現します。

生産準備におけるDMUの活用

DMUは、製品設計だけでなく、生産準備の段階でも活用できます。
生産ラインのレイアウトや作業手順の検証に活用することで、生産性の向上が期待できます。
また、生産設備の配置や動線の最適化にも役立ちます。
DMUを活用することで、生産ラインの立ち上げ時間の短縮や、生産性の向上が実現します。
さらに、生産準備の段階で問題点を事前に発見し、対策を講じることができるため、トラブルの防止にも貢献します。

サプライチェーンにおけるDMUの活用

DMUは、サプライチェーン全体の最適化にも活用できます。
部品供給者とのコラボレーションに活用することで、部品の設計と調達の最適化が実現します。
また、物流の最適化にも役立ちます。
DMUを活用することで、在庫の適正化や輸送コストの削減が可能になります。
サプライチェーン全体でDMUを活用することで、製品の品質向上と生産性の向上が実現します。

DMUの導入における課題と対策

DMUの導入には、いくつかの課題があります。
まず、DMUの導入にはコストがかかります。
また、社内の人材育成や体制づくりも必要です。
DMUの導入に際しては、経営層の理解と支援が不可欠です。
また、DMUの活用には、現場の従業員の理解と協力が必要です。
DMUの導入に際しては、現場の声を聞き、丁寧な説明と教育が重要です。
DMUの導入に際しては、長期的な視点で取り組むことが大切です。

製造業サプライチェーンにおけるDMUの活用は、製品設計と生産性向上に革新をもたらす技術として期待されています。
DMUの導入には課題もありますが、長期的な視点で取り組むことで、製品の品質向上と生産性の向上が実現します。
製造業の発展のためには、DMUの活用が不可欠です。
今後、DMUの活用が進むことで、製造業サプライチェーン全体の最適化が実現することを期待しています。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)