製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

フライス加工の手法と適用: 部品形成と精密加工のためのフライス操作テクニック

フライス加工の手法と適用: 部品形成と精密加工のためのフライス操作テクニック

フライス加工とは

フライス加工は、回転するフライス工具を用いて、ワークピースから切りくずを除去し、平面や溝、型などを作る加工方法です。
旋盤加工と並ぶ代表的な機械加工の一つで、自動車や航空機、電子機器など、様々な産業で欠かせない加工技術となっています。
フライス加工の大きな特徴は、複雑な形状の加工が可能なことです。
多種多様なフライス工具を使い分けることで、平面だけでなく、溝、段差、傾斜、曲面など、様々な形状を作り出すことができます。

フライス加工の種類

フライス加工には、大きく分けて以下の3つの種類があります。

1. 正面フライス加工
工具の刃先が回転軸に対して垂直な方向に切削する加工方法です。
主に平面や段差の加工に用いられます。

2. エンドミル加工
工具の刃先が回転軸と平行な方向に切削する加工方法です。
溝加工や型加工など、複雑な形状の加工に適しています。

3. 形状フライス加工
特殊な形状のフライス工具を用いて、ワークピースに同じ形状を転写する加工方法です。
ギヤや歯車などの加工に用いられます。

それぞれの加工方法で、使用する工具や切削条件が異なります。
加工する形状や求められる精度に応じて、適切な加工方法を選択することが重要です。

フライス加工の工具

フライス加工では、用途に応じて様々な種類の工具が使い分けられます。
代表的なフライス工具には以下のようなものがあります。

– エンドミル
先端に刃がついた円柱形の工具で、溝加工や側面加工に用いられます。

– フェースミル
複数の刃を持つ円盤形の工具で、主に平面加工に用いられます。

– ボールエンドミル
先端が半球状の工具で、曲面加工や金型加工に用いられます。

– ギヤカッター
歯車の歯形を転写するための専用工具です。

– T スロットカッター
T 字型の溝を加工するための専用工具です。

これらの工具は、材質や刃数、コーティングの有無など、様々な仕様のものが用意されています。
加工の目的や被削材の種類に応じて、最適な工具を選定することが求められます。

切削条件の設定

フライス加工では、切削速度、送り速度、切り込み量などの切削条件を適切に設定することが重要です。
切削条件が不適切だと、加工精度が低下したり、工具の寿命が短くなったりする恐れがあります。

切削速度は、工具の回転数と工具直径から算出されます。
被削材の材質や工具の材質に応じて、適切な切削速度を設定します。
一般的に、高速度鋼工具よりも超硬工具の方が高速での切削に適しています。

送り速度は、工具が 1 回転する間にワークピースが移動する距離を指します。
切り込み量は、工具がワークピースに食い込む深さです。
送り速度と切り込み量は、加工効率と加工品質のバランスを考慮して設定します。
送り速度が高すぎると加工面が荒れ、切り込み量が大きすぎると工具に過大な負荷がかかります。

切削油剤の使用も、加工品質の向上に効果的です。
切削油剤は、潤滑性や冷却性を高めることで、工具の摩耗を抑制し、加工面の仕上がりを向上させます。

高精度加工のためのテクニック

フライス加工で高精度な加工を実現するには、様々なテクニックが必要です。
以下に、いくつかの重要なポイントを挙げます。

1. 工具の選定
加工の目的に適した工具を選定することが重要です。
工具の材質や刃数、コーティングの有無などを考慮し、最適な工具を使用します。

2. 切削条件の最適化
切削速度、送り速度、切り込み量などの切削条件を最適化することで、加工精度を高めることができます。
加工シミュレーションやセンサーを活用し、最適な切削条件を探索します。

3. 工具の振動抑制
工具の振動は加工精度を悪化させる要因となります。
工具のつかみ方や、工具ホルダの選定に工夫が必要です。
また、切削条件を調整し、びびり振動の発生を抑制することも重要です。

4. 加工プログラムの最適化
NC プログラムを最適化することで、加工時間の短縮や加工品質の向上が期待できます。
無駄な工具移動を削減したり、切削条件を動的に変更したりするなど、様々な最適化手法があります。

5. 工作機械の剛性向上
工作機械の剛性が低いと、加工中の振動や変形が大きくなり、加工精度が低下します。
機械本体の剛性を高めるとともに、適切な基礎工事を行うことが重要です。

まとめ

フライス加工は、様々な産業で欠かせない加工技術です。
多種多様な工具と加工方法を駆使し、複雑な形状の部品を高精度に加工することができます。
加工の目的や被削材の特性に応じて、適切な工具や切削条件を選定することが重要です。
また、工具の振動抑制や加工プログラムの最適化など、様々なテクニックを活用することで、より高精度な加工を実現することができます。
今後も、新材料や新工具の開発、IoT や AI 技術の活用など、フライス加工の技術革新が期待されています。
フライス加工のスペシャリストとして、日々の研鑽を怠らず、加工技術の向上に努めていきたいと思います。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)