製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

製造業のDXと技能伝承:ベテラン社員のノウハウのデジタル化

製造業のDXと技能伝承:ベテラン社員のノウハウのデジタル化

製造業界では、熟練したベテラン社員の持つ技能やノウハウが貴重な資産となっています。
しかし、少子高齢化による人手不足や、ベテランの退職などにより、これらの知識が失われつつあります。
そこで注目されているのが、DX(デジタルトランスフォーメーション)による技能伝承の取り組みです。

技能伝承の課題

製造業における技能伝承には、いくつかの課題があります。
まず、ベテラン社員の持つ暗黙知(経験や勘に基づく知識)を言語化し、体系的に整理することが難しいという点です。
また、若手社員の育成に時間がかかり、ベテランの技能を短期間で継承するのが困難であるという問題もあります。
さらに、人手不足により、ベテラン社員が技能伝承に十分な時間を割けないケースも見られます。

DXによる技能伝承の方法

DXを活用することで、これらの課題を解決し、効果的な技能伝承を実現できます。
具体的には、以下のような方法が挙げられます。

1. 動画マニュアルの作成
ベテラン社員の作業を動画で記録し、マニュアル化することで、技能の可視化が可能です。
動画は、文章よりも直感的に理解しやすく、若手社員の学習効果を高めることができます。

2. AR(拡張現実)やVR(仮想現実)の活用
ARやVRを用いて、仮想的な作業環境を再現することで、安全かつ効率的な技能訓練が実現します。
実際の設備を使用せずに、様々なシナリオを想定した訓練が可能となります。

3. AIによる知識の体系化
ベテラン社員へのインタビューやデータ分析により、暗黙知をAIが学習し、体系的な知識として整理します。
これにより、技能の標準化や、問題解決のための知識データベースの構築が可能となります。

4. スマートグラスによる遠隔支援
スマートグラスを使用することで、ベテラン社員が遠隔地から若手社員の作業をリアルタイムで支援できます。
現場での問題発生時に、迅速なアドバイスが可能となり、トラブルを未然に防ぐことができます。

DXによる技能伝承の事例

国内外の製造業では、既にDXを活用した技能伝承の取り組みが始まっています。
例えば、ある自動車メーカーでは、熟練工の溶接技術をセンサーとAIで分析し、最適な溶接条件を若手社員に提示するシステムを導入しました。
また、ある電機メーカーでは、ベテランの組立作業を3Dモーションキャプチャで記録し、VRによる訓練プログラムを開発しています。
これらの事例から、DXが技能伝承に大きく貢献することが分かります。

今後の展望

製造業におけるDXの活用は、今後さらに加速していくと予想されます。
技能伝承だけでなく、製品の品質向上や生産性の向上にもDXが役立つでしょう。
ただし、DXはあくまでも手段であり、目的ではありません。
現場の課題や目標を明確にし、DXを戦略的に活用していくことが重要です。
また、従業員のデジタルスキル向上や、組織文化の変革なども必要になるでしょう。

 

製造業におけるDXと技能伝承は、密接に関連しています。
ベテラン社員のノウハウをデジタル化し、効果的に継承していくことで、製造業の競争力を維持・強化できるでしょう。
同時に、DXによる業務の効率化や、新たな価値の創出にも期待ができます。
製造業の発展のために、DXを積極的に活用していくことが求められています。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)