製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

海外市場での販売促進戦略: 製造業営業が海外顧客の関心を引き付ける方法

海外市場での販売促進戦略: 製造業営業が海外顧客の関心を引き付ける方法

海外市場攻略のカギは、顧客第一の営業スタイル

製造業が海外市場での販売を促進するためには、現地の文化や商習慣を理解し、顧客のニーズに合わせた営業スタイルを確立することが重要です。
単に自社の製品や技術の優位性を訴求するだけでは、海外の顧客の心を掴むことは難しいでしょう。
顧客との信頼関係を構築し、長期的なパートナーシップを築くことが、海外市場での成功につながります。

現地の文化や商習慣を理解する

海外市場に進出する際は、まず現地の文化や商習慣を深く理解することが必要です。
国によって、ビジネスの進め方や意思決定のプロセスは大きく異なります。
例えば、米国では迅速な意思決定が重視される一方、中国では人間関係を重視し、長期的な視点で物事を考える傾向があります。
これらの違いを理解し、現地の慣習に合わせた営業スタイルを採用することが重要です。

顧客のニーズを的確に把握する

海外の顧客のニーズを的確に把握することは、販売促進戦略の基盤となります。
現地の市場調査を行い、競合他社の動向を分析することで、顧客が求める製品やサービスを明確にしましょう。
また、顧客との直接的なコミュニケーションを通じて、彼らの抱える課題や要望を深く理解することが重要です。
顧客の立場に立って考え、彼らのビジネスの成功に貢献できる提案を行うことが、信頼関係の構築につながります。

現地のパートナーとの協力体制を構築する

海外市場での販売促進には、現地のパートナーとの協力体制が欠かせません。
代理店やディストリビューターとの強固なパートナーシップを構築し、彼らの知見やネットワークを活用することで、効果的な販売活動が可能となります。
また、現地の法規制や商習慣に精通したパートナーとの協力は、リスクの軽減にもつながります。
win-winの関係を築き、長期的な視点でパートナーシップを育むことが重要です。

製品やサービスの現地化を進める

海外市場での販売促進には、製品やサービスの現地化が欠かせません。
現地の顧客のニーズや嗜好に合わせて、製品の仕様や設計を適宜変更することが求められます。
また、現地の言語でのマニュアルや販促資材の作成、現地でのアフターサービス体制の整備なども重要です。
顧客の視点に立ち、彼らが使いやすく、満足度の高い製品やサービスを提供することが、販売促進の鍵となります。

デジタルマーケティングを活用する

近年、海外市場でのデジタルマーケティングの重要性が高まっています。
自社ウェブサイトの多言語化、現地のSNSを活用したプロモーション、オンラインでの製品デモやウェビナーの開催など、デジタルツールを駆使した販売促進策が有効です。
特に、新興国市場ではモバイルの普及率が高く、モバイルに最適化された販促活動が求められます。
デジタル領域での顧客との接点を増やし、効果的なコミュニケーションを図ることが、販売促進につながるでしょう。

現地スタッフの育成に注力する

海外市場での販売促進には、現地スタッフの存在が欠かせません。
彼らは、現地の言語や文化に精通し、顧客との直接的なコミュニケーションを担います。
現地スタッフの育成に注力し、自社の製品知識や営業スキルを身につけてもらうことが重要です。
また、現地スタッフには、自社の企業文化やビジョンを深く理解してもらい、自社のブランドアンバサダーとしての役割を担ってもらうことが望ましいでしょう。

継続的な改善とフィードバックを行う

海外市場での販売促進戦略は、一朝一夕で完成するものではありません。
市場の変化や顧客のニーズに合わせて、継続的に戦略を改善していく必要があります。
販売活動の結果を定期的に分析し、何が効果的で、何が改善すべき点なのかを明確にしましょう。
また、現地スタッフや顧客からのフィードバックを積極的に収集し、それを戦略の改善に活かすことが重要です。
PDCAサイクルを回しながら、販売促進戦略を進化させていくことが、海外市場での成功につながります。

製造業が海外市場での販売を促進するためには、現地の文化や商習慣を理解し、顧客のニーズに合わせた営業スタイルを確立することが重要です。
現地のパートナーとの協力体制の構築、製品やサービスの現地化、デジタルマーケティングの活用、現地スタッフの育成など、多岐にわたる取り組みが求められます。
継続的な改善とフィードバックを行いながら、顧客第一の営業スタイルを追求することが、海外市場での販売促進の鍵となるでしょう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)