製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

製造業とIoT~台灣國際電子展(TAITRONICS) 2023~

製造業とIoT~台灣國際電子展(TAITRONICS) 2023~

はじめに-製造業とIoTの融合 

  今回は古き良き製造業がどのようにインターネット・オブ・シングス(IoT)という革命的な技術と結びつき、未来の工場へと変貌を遂げているのかを探ります。

私が今回製造業とIoTについてブログを書こうと思ったきっかけは、先日台湾で参加した台北国際電子秋季展(TAITRONICS)です。台湾で有名な半導体産業はもちろん、同じく注目を集めていたのはIoTAIのブースでした。各国の企業が最新の技術を展示し、IoTAIはこれからの製造業に欠かせない技術となるでしょう。 

写真の手前はAIIoTブースです。入り口から入って一番最初に目に入る一にありました 

  

IoT、これは「モノのインターネット」とも呼ばれ、身の回りの物品をインターネットに接続し、データの収集と交換を可能にする技術です。たとえば、スマートフォンでエアコンの温度を調整するといった日常的なことから、製造ラインの機械が自らの状態を監視し、修理が必要な時には自ら報告するといった進んだ使い方まで、IoTの応用は無限大です。 

では、製造業とはどのようにIoTを受け入れているのでしょうか? このセクションでは、製造機械が感知器を通じてデータを収集し、生産効率の最適化を図る現実の例を見ていきます。これは単なる生産性向上に留まらず、コスト削減、品質管理の強化、さらには安全性の向上に至るまで、業界全体のパラダイムシフトを引き起こしています。 

時には、技術がもたらす変化は恐れられることもあります。しかし、変化はまた、新たな可能性を切り開きます。製造業界におけるテクノロジーの役割は、単に作業を自動化することではなく、我々の働き方、生産物の質、さらには消費者との関係を変えています。 

 

IoTの導入状況と事例製造業におけるイノベーション 

製造業におけるIoT技術の普及 

  まずは、IoTが製造業界にどれほど普及しているかから見ていきましょう。数々の調査結果は、IoT技術が急速に成長し、製造工程の至る所に組み込まれていることを示しています。この技術を取り入れることで、企業は生産性の向上、コスト削減、そして品質管理の向上といった明確な利益を享受しています。 

活用事例と普及率の分析 

  では、実際の製造現場ではIoTはどのように活用されているのでしょうか?

例えば、ある自動車メーカーでは、工場内の機械にセンサーを設置し、リアルタイムでデータを収集・分析しています。このデータは、機械のメンテナンス時期の予測、生産ラインの効率化、品質の一貫性維持などに利用され、大幅なコスト削減につながっています。 また、別の例として、小規模な製造業者がIoTを利用して、在庫管理を効率化している事例もあります。センサーを使って在庫レベルを監視し、自動で補充命令を出すシステムを導入することで、過剰在庫や品切れのリスクを大幅に減らしています。 

こちらの画像は実際に展示されていた、液体の硬化をテストする機器です。 

 

今までは、液体の硬化度を調べるために実際に触れなければテストできませんでした。ですが、こちらの機械では右手のセンサーに液体をスキャンさせることで、液体の硬化度を数値化してみることができます。あらかじめ、目標とする硬化度の数値を知っていれば、触れずとも液体が硬化したのかどうかテストすることができます。 

液体によっては二枚目の写真のように硬化しても見た目が変わらないので、変化を数値化で目視できるのはすごく便利です!もちろん時間やコスト削減にもつながります。 

これらの事例から、IoTが製造業界の各領域でどのように効果を発揮しているかがお分かりいただけるでしょう。しかし、この技術の普及率はまだまだ発展途上です。多くの企業がIoTの導入を検討している段階であり、今後数年間でその利用はさらに広がることが予想されます。 

IoTの導入は、製造業において新たな革命をもたらす可能性を秘めています。 

IoTのメリット製造業の変革 

生産効率とコスト削減 

  製造業界におけるIoTの真の力は、生産効率の向上とコストの削減にあります。この章では、どのようにIoTがこれらの目標を達成するのか、具体的な例とともに解説します。 

センサーが装備された工場では、機械が稼働時間を自動で追跡し、最適なメンテナンス時期を予測します。これにより、予期せぬ故障やダウンタイムが大幅に減少し、生産効率が飛躍的に向上します。更に、IoTは生産ラインの微調整を可能にし、材料の浪費を減らし、エネルギー効率を最適化します。これらの改善はすべて、コスト削減に直結します。 

リアルタイムデータ分析の強化 

  IoTのもう一つの大きなメリットは、リアルタイムでのデータ分析能力の強化です。センサーや機器からのデータが集約されることで、製造プロセスの全体像が明らかになります。例えば、生産ラインのボトルネックが特定され、即座に対策を講じることができます。この透明性は、品質管理を強化し、顧客満足度を向上させる要因となります。 

さらに、このデータは将来のトレンドを予測し、市場の変化に迅速に対応するための戦略立案にも役立ちます。データは単なる数字以上の価値を持ち、製造業者がよりスマートな意思決定を行う手助けをします。 

実装時の課題とその解決 – IoT導入の挑戦 

セキュリティリスクへの対策 

  IoTの世界では、セキュリティは重要な関心事です。製造業でのIoT導入においても、セキュリティリスクは避けられない課題となります。しかし、恐れる必要はありません。この章では、セキュリティリスクに対処するための具体的な戦略を探ります。 

セキュリティの重要性を理解し、適切な対策を講じることが不可欠です。これには、セキュアなネットワークの構築、データ暗号化、アクセス管理の強化などが含まれます。さらに、定期的なセキュリティトレーニングと従業員の意識向上も重要な要素です。セキュリティ対策は、単なる技術的な問題ではなく、組織全体の取り組みが求められます。 

技術的障壁の克服 

  IoT導入におけるもう一つの大きな障壁は、技術的な課題です。既存のシステムとの互換性、データ管理の複雑さ、そして導入コストがこれにあたります。これらの問題に対処するためには、専門家との協力や、段階的な導入計画が効果的です。重要なのは、現状のビジネスプロセスとIoT技術との間のギャップを慎重に埋めていくことです。 

スキル不足と人材育成 

  IoT技術の効果的な導入と運用には、適切なスキルを持った人材が不可欠です。現在、多くの企業がこの点で課題に直面しています。解決策としては、内部の従業員に対する継続的な研修とスキルアップの機会を提供することが挙げられます。また、IoT専門の人材を外部から採用することも一つの方法です。重要なのは、技術的なスキルだけでなく、革新的な思考を促す文化を育むことにもあります。

 

未来展望と結論 – IoTと製造業の進化 

IoTの進化と製造業への影響 

  製造業界は、IoTの進化とともに変わりつつあります。この章では、IoT技術が将来的に製造業にどのような影響をもたらすかについて考察します。センサーとデータ分析の進化により、完全に自動化されたスマートファクトリーが実現する日が来るかもしれません。製造プロセスの各段階がリアルタイムで最適化され、生産性と品質がこれまでにないレベルで向上するでしょう。 

また、IoTの進化は、製品のカスタマイズとフレキシブルな生産にも貢献します。顧客の要望に応じて製品を即座に調整し、個別のニーズに合わせた生産が可能になるかもしれません。このような変化は、製造業のビジネスモデル自体を変革する可能性を秘めています。 

長期的なビジョンと総括 

  未来の製造業は、単に物を作る場所以上の意味を持つようになるでしょう。IoTにより、製造業は情報とイノベーションの中心地としての役割も担うようになります。生産ラインからのリアルタイムデータは、ビジネス意思決定、市場の動向分析、さらには新たなサービスやビジネスモデルの創出に役立つことでしょう。 

これらの進化は、企業が長期的な視点でIoTの導入を考えることを要求します。短期的な利益だけでなく、持続可能な成長とイノベーションを目指す必要があります。製造業界におけるIoTの導入は、単なる技術的な変化ではなく、組織文化、ビジネス戦略、さらには業界全体の未来像に影響を与える重要なステップです。

 

おわりに 

  IoTの進化は止まることなく、製造業界に新たな可能性をもたらし続けます。この章を読んだあなたが、これからの変化に向けて準備を始めるきっかけになれば幸いです。IoT技術を取り入れ、革新を追求することで、あなたのビジネスは次のレベルへと進化するでしょう。

実際にIoT を取り入れたい、業務をDX化したい方はNEWJI株式会社にお任せください。私たちのサービス「QCD調達購買管理クラウドnewji」と「製造業DX支援 “NEWJI DX”」は、調達購買の一元管理や(DX)デジタルトランスフォーメーションを実現し、業務効率を大幅に改善します。さらに、それぞれの製造業の課題に対してカスタマイズされたソリューションを提供します。

詳細は[NEWJI DX公式ウェブサイト ]からご確認いただくか、[ 問い合わせホーム] からお問い合わせください。 

IoTと製造業の未来に向けて、今日から一歩を踏み出しましょう。あなたのビジネスが未来の革新をリードすることを願っています。 

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)