投稿日:2024年4月25日

製造業DXの成功事例に学ぶ: 中小企業が取り組むべき変革のポイント

DX導入の第一歩はデータの収集

製造業ではIoTデバイスを使って生産状況データや機械の稼働データなどを収集することが重要だ。
データを集めることで見える部分が増え、改善のヒントが見つかる。
製造工程のボトルネックや品質失敗の原因などが分かりやすくなる。
加工機械にセンサーを取り付けるだけでもデータ収集が始まる。
スマートフォンアプリで同様のデータも集約できる。

データの活用は次のステップだ。
生産性向上や品質問題への対応など、過去のデータから学ぶことが多い。
AIやPredictive Maintenanceなどの新技術を使えば、将来のトラブルも予見できるようになる。
ただしデータの収集と活用の両方が重要で、片方だけではDXの効果は半分にとどまる。

DX投資のターゲットは生産ラインの自動化

生産ラインの自動化は製造業DXで高い効果が期待できる領域だ。
ロボット搬送システムや自動選別機能の導入など生産プロセスを効率化できる。
ロボット搬送システムでは人手が不要になり、選別機能では不良品を自動で排除できる。
これらの投資は比較的短期でコスト回収が可能で、生産性と品質向上が実感できる。

次に注目したいのが設備の遠隔監視機能だ。
SCADAシステムなどを使って生産設備の稼働データや異常情報をモニタリングできる。
設備トラブルが事前に把握でき、遠隔からの応急処置も可能になる。
Predictive Maintenanceに発展すれば、設備保守に要する費用も削減できるであろう。

人材開発もDXへの投資対象

DXの成功要因は技術だけではない。
人材のDXに対する理解と運用能力も重要だ。
製造業でDXを導入し成功している企業は、社員教育に力を入れている傾向にある。

新卒社員の採用基準を、DXやIoT literacyに関する知識や能力で高める動きが出始めている。
現場のベテランの技能も引き継がれる必要がある一方、DX導入時の協力的姿勢や学習能力も評価ポイントとなりつつある。

DXを活かす人材を確保・育成する視点は、新技術導入当初から意識するべき課題だと言える。
技術投資だけでなく、人材投資も同時並行で進めるべきポイントなのだ。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)