製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

調達購買のDXとリスクマネジメント:サプライチェーンの可視化と迅速な対応

調達購買のDXとリスクマネジメント:サプライチェーンの可視化と迅速な対応

調達購買のDXとリスクマネジメント:サプライチェーンの可視化と迅速な対応

製造業において、調達購買部門の役割は極めて重要です。
原材料や部品の安定的な調達は、生産活動の根幹を支えるからです。
しかし、近年のグローバル化やサプライチェーンの複雑化により、調達リスクは増大しています。
地政学的リスク、自然災害、品質問題、コンプライアンス違反など、サプライチェーンを脅かす要因は多岐にわたります。

こうした中、調達購買部門にはDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進とリスクマネジメントの高度化が求められています。
DXの鍵を握るのが、サプライチェーンの可視化です。
IoTやAIなどのテクノロジーを活用し、サプライヤーの在庫状況や生産状況、物流状況などをリアルタイムで把握することで、需給のミスマッチや供給途絶のリスクを早期に察知し、迅速に対応できます。

また、ブロックチェーン技術を用いて、サプライチェーン全体でデータを共有・管理することで、トレーサビリティの向上やコンプライアンスの確保にも役立ちます。
例えば、原材料の産地や加工工程、輸送経路などの情報を遡って追跡できるようになれば、品質問題の発生源を特定しやすくなります。
さらに、スマートコントラクトを活用することで、取引条件の自動執行やサプライヤーの評価・選定の効率化も期待できます。

一方、リスクマネジメントの面では、サプライヤーの財務状況や事業継続計画(BCP)の確認、サプライチェーンの多様化・分散化などが重要です。
特に、近年は気候変動への対応も喫緊の課題となっています。
サプライヤーのCO2排出量の把握や削減の取り組みを支援するとともに、自社の調達方針にサステナビリティの観点を組み込むことが求められます。

DXとリスクマネジメントは、いずれもサプライチェーンの強靭化につながります。
調達購買部門は、経営戦略や事業戦略と連動しながら、これらの取り組みを推進していく必要があります。
そのためには、社内の生産部門や物流部門、品質管理部門などとの連携はもちろん、サプライヤーとの協働関係の構築も欠かせません。

また、調達購買担当者には、デジタル技術やデータ分析のスキル、リスクマネジメントの知見など、新たな能力の獲得が求められます。
社内外の教育機会の提供や、他社との情報交換などを通じて、人材の育成にも注力すべきでしょう。

DXとリスクマネジメントは、調達購買部門にとって挑戦であると同時に、大きな価値創造の機会でもあります。
サプライチェーンの可視化と強靭化を通じて、製造業の競争力強化に貢献することが期待されています。
調達購買のプロフェッショナルとして、この変革の波をチャンスと捉え、リーダーシップを発揮していきたいものです。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)