投稿日:2024年6月12日

「時代の変化に対応する企業の備え:公衆電話の減少と災害対策」

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎:山田さん、公衆電話がどんどん減ってるって話な。もう来年には10万台も割るって信じられへんわ。

山田美穂:そうですね、太郎さん。携帯電話の普及が影響しているとはいえ、ここまで減るとは驚きです。ただ、災害時用公衆電話は増えているとのことですし、その側面から見ると一概に悪いことばかりではないとも言えますね。

田中太郎:確かに、災害時には携帯も繋がりにくいし、公衆電話が役立つんやろな。でも、普段の生活であんまり見ることもなくなってきたから寂しい感じもするわ。

山田美穂:その気持ち分かります。私たちが子供の頃は公衆電話は確かにもっと多かったですし、緊急の際にすぐに使えるという安心感もありましたね。でも、時代の変化と共に適応していくことが必要だとも思います。

田中太郎:まあ、せやな。時代の流れには逆らえんし、企業も新しいテクノロジーに投資していかなあかん。でも、災害時の備えについてもちゃんと考えて、バランス取りながら進めて欲しいわ。

山田美穂:そうですね。私たちの会社でも災害対策は重視していて、テクノロジーの進化と共にその取り組みも変わってきています。このニュースからも、NTTが災害時用公衆電話に対する対応を強化しているのが分かりますね。

田中太郎:実際、緊急時にはどんな手段でも使えるようにしとくのが大事や。ウチの工場でも災害時に対応できるような設備をもっと整備せなあかんわ。

山田美穂:いい考えです。災害時に何が起きるかわからないですし、備えあれば憂いなしです。特に製造業では停電時や通信障害時にどう対応するかが重要ですからね。

田中太郎:せやねん。美穂さん、東京の大手企業やったらどんな対策してるん?ちょっと参考にしたいんやけど。

山田美穂:私たちの会社では、例えば非常用自家発電装置の導入や、複数の通信手段を確保するために衛星電話や無線通信機を準備しています。また、社員の安全を確保するための避難計画も整備されています。

田中太郎:なるほど、そういう設備投資も必要やな。そろそろウチも本腰入れて取り組まなあかんな。うちら中小企業も負けてられんわ。

山田美穂:その意気込み、素晴らしいです。中小企業でもできる対策はたくさんありますし、小回りが利く分柔軟に対応できることも多いです。お互いに頑張りましょう。

田中太郎:「備えあれば憂いなし」やな。これからも時代の変化に対応して、新技術を取り入れつつ、しっかり準備していかなあかんね。

山田美穂:その通りです。公衆電話の減少に限らず、どんな分野でも対応力が試される時代ですから、これからも一緒に頑張りましょう!

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)