製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

「携帯通信3社の成長と中小企業のAI・IoT活用戦略に学ぶ経営革新の秘訣」

「携帯通信3社の成長と中小企業のAI・IoT活用戦略に学ぶ経営革新の秘訣」

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎田中太郎: おお、山田さん、このニュース見たか?携帯通信3社の業績予想がめっちゃええらしいやん。ARPUが底打ちして、反転し始めたっちゅうこっちゃ。

山田美穂山田美穂: はい、田中さん。見ましたよ。特にKDDIが、生成AIや他業種との連携で付加価値ARPUをどんどん増やしている点が興味深いです。これによって通信だけに頼らないビジネスモデル構築が進んでいる感じがしますね。

田中太郎田中太郎: せやな。ローソンとの連携なんかもおもろいな。わしの会社でも、新技術取り入れて効率化したり、他業種との連携考えてるんやけど、大企業の動き見ると参考になるわ。

山田美穂山田美穂: 確かに、中小企業でもこうした大企業の戦略から学ぶことは多いです。でも、田中さんの会社ならではのユニークな付加価値を見つけることも重要ですよね。生成AIなんかはどうですか?

田中太郎田中太郎: 生成AIか…興味はあるけど、正直、投資が大きすぎて二の足踏んでるわ。KDDIみたいに1000億円も投資できへんしな。中小企業にはもっと手頃な技術活用法はないんやろか?

山田美穂山田美穂: そうですね、大規模なAI投資は難しいかもしれませんが、小規模なAIツールやIoTデバイスを活用して業務効率化を図る方法もありますよ。例えば、IoTデバイスで製造ラインのデータをリアルタイムで監視するとか。

田中太郎田中太郎: せやね、IoTは既に少し取り入れてるけど、生成AIほどではないな。もう少し具体的な事例があると助かるんやけど。

山田美穂山田美穂: ドコモが金融や顧客体験の向上に力を入れているように、例えば顧客データを活用してサービスの質を向上させるって方法もあります。顧客ニーズをリアルタイムで把握して、それに応じた製品やサービスの提供をするのはどうでしょう?

田中太郎田中太郎: なるほど、顧客満足度を上げることが重要なのは確かやな。うちの製品がもっと喜ばれるように、もっとデータを活用するんも手やな。工場のデータだけやなく、顧客の声もデータ解析してみるわ。

山田美穂山田美穂: そうですね、顧客データの解析は大きな価値があります。それに、ソフトバンクが言うようにグループ経済の魅力を引き上げるために、パートナーシップも考えると良いかもしれません。他の業態とも連携して、新しいサービスを提供するのも一つの手です。

田中太郎田中太郎: うん、それも考えてみる。結局は顧客が何を求めとるんかをちゃんと理解して、それに応じて動ける企業が強いっちゅうことやな。経済圏の話も大手だけの話ちゃうかもしれへんな。中小でもやりようはあるかもしれん。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)