投稿日:2024年6月10日

中華系スマホ回復と電子部品業界の今後: 田中太郎と山田美穂が語る需要の変動と未来展望

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎: 「山田さん、このニュース読んだけど、4.4兆円って結構な額やな。中華系スマホが回復して、なんとか微増したっちゅう話やけど、これは業界全体にも影響あるんかな?」

山田美穂: 「そうですね、田中さん。中華系スマホの回復が出荷量に影響を与えたっていうのは面白いポイントです。電子部品の需要が増えるのは嬉しいニュースですけど、それが一時的な現象なのか、持続的なのかも考えないといけません。」

田中太郎: 「うん、それは確かに重要やな。でも、スマホの出荷台数は落ち込んでるってIDCのデータが示してるみたいなんやけど、それでも中華系スマホが回復しとるっちゅうのはどういうことなんやろな?」

山田美穂: 「その点は興味深いですね。もしかすると、中華系スマホメーカーが他の市場で成功しているとか、新しいモデルが好調だった可能性がありますよね。それに顧客がメーカーに対し先行発注した影響も関係しているかもしれません。」

田中太郎: 「そんなん考えたことなかったわ。うちの工場でも先行発注の話とかたまに出るけど、実際の出荷額に結構影響するもんなんやな。電子部品業界全体でもこれが反映されるんやろか?」

山田美穂: 「先行発注は大きな影響を与えるケースがありますね。特に大手メーカーが新製品を発表する前に大量の部品を確保することがよくあります。そうすることで、供給不足を防げるんです。」

田中太郎: 「なるほどな。それで思ったんやけど、受動部品が0.5%増だけど、コンデンサーは1.1%減ってるんやな。この違いってどこから来るんやろか?」

山田美穂: 「コンデンサーの需要は特定の産業に大きく依存しています。例えば、スマホの出荷台数が落ち込むとコンデンサーの需要も減るんですよね。それに対して、他の受動部品は広範な用途があるから影響が少ないのかもしれませんね。」

田中太郎: 「確かに、それも納得できるわ。うちでも使う部品によって需要が全然違うもんな。特に自動車業界向けが好調やったりすると、その部分が数字に出てくるんやろうな。」

山田美穂: 「そうです。自動車や産業機器向けの需要が高ければ、特定の部品は好調になります。それに、新技術の採用や規制の変更によっても需要は変わってきますよね。」

田中太郎: 「それはそうやな。うちも今、電気自動車向けの部品に力入れとるけど、それが数字にどう反映されるか楽しみや。スマホ業界とどうバランス取っていくかが大事やな。」

山田美穂: 「電気自動車の市場は確実に伸びてきていますから、そこに注力するのは正しい選択だと思います。スマホ業界も依然として大きな市場ではありますが、多角的なアプローチが必要ですね。」

田中太郎: 「ほんまにそうや。どっちがどう伸びるかは誰にも分からんけど、両方しっかり見て対応していくしかないな。山田さん、また色々教えてな!」

山田美穂: 「もちろんです、田中さん。お互いに情報交換しながら成長していきましょうね。今日はいいディスカッションができました。」

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)