製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

中小企業が培養肉など新技術に挑戦するには?産学連携とスピード感がカギ

中小企業が培養肉など新技術に挑戦するには?産学連携とスピード感がカギ

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎田中太郎:ほんまに凄い話やな。ブラックシーバスの培養肉が世界で初めて開発されたんやて。うちの会社でも、新しい技術に目ェ向けんとあかんなぁ。

山田美穂山田美穂:ええ、本当に画期的ですよね。培養肉の技術は環境負荷の低減にも繋がるので、今後ますます注目されていくと思います。御社でも、こういった新技術の導入を検討されてはいかがでしょうか。

田中太郎田中太郎:せやなぁ。でもなぁ、うちみたいな中小零細企業やと、なかなか新しい技術に投資するのは難しいんやわ。コストの問題もあるしなぁ。

山田美穂山田美穂:確かに、初期投資のコストは大きな課題ですよね。ただ、長期的に見れば、効率化や環境対応といったメリットもあると思います。補助金や支援制度なども活用しながら、段階的に取り組むのも一つの方法かもしれません。

田中太郎田中太郎:なるほど、補助金か。そういう手もあるんやなぁ。ほんで、この記事で出てきたノースカロライナ・フード・イノベーション・ラボみたいに、大学と連携するのもええかもしれんな。

山田美穂山田美穂:はい、産学連携は中小企業にとって大きなチャンスだと思います。最新の研究成果を活用できますし、人材育成の面でもメリットがありますよね。御社の強みを生かしつつ、大学の知見を取り入れることで、新たな価値を生み出せるかもしれません。

田中太郎田中太郎:おっしゃる通りやわ。うちの会社の強みを再確認して、大学とどういう風に組んだらええか、ちょっと考えてみるわ。ほんで、その培養肉やけど、コストが下がって、普通に食べられるようになるんやろか。

山田美穂山田美穂:培養肉の研究は日々進歩しているので、将来的には一般消費者も手に取りやすい価格になるのではないでしょうか。環境負荷の低減など、培養肉のメリットを消費者にも分かりやすく伝えていくことが重要ですね。

田中太郎田中太郎:そうやなぁ。環境にも良くて、美味しかったら最高やわ。うちの会社でも、何か新しいことにチャレンジできたらなぁ。山田さん、色々ありがとう。勉強になったわ。

山田美穂山田美穂:いえいえ、お役に立てたようで何よりです。中小企業だからこそ、スピード感を持って新しいことにチャレンジできる面もあると思います。是非、御社の強みを生かして、イノベーションを起こしていってください。応援しています!

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)