製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

製造業における購買ミスの原因と予防策

製造業における購買ミスの原因と予防策

購買ミスの原因とその対策

製造業において、購買ミスは生産遅延や余分なコストを発生させる深刻な問題です。
ここでは、購買ミスの主な原因と、そのミスを防ぐための予防策について説明します。

購買ミスの主な原因

1. コミュニケーション不足
購買部門と他部門との連携が不十分な場合、必要な情報が正確に伝わらず、ミスが発生します。
例えば、設計変更の情報が購買部門に伝わっていなかったために、古い部品を発注してしまったケースがあります。

2. 人的エラー
発注数量の入力ミスや、発注先の選択ミスなど、人為的なミスが原因となることがあります。
ある企業では、発注数量を10倍に誤入力したために、大量の在庫を抱えてしまったことがありました。

3. 納期管理の不備
納期を正確に管理できていないと、必要な部品が間に合わず、生産に支障をきたします。
あるメーカーでは、部品の納期が遅れたために、製品の出荷が大幅に遅れたことがありました。

4. 情報システムの不具合
購買管理システムにエラーがあると、誤った発注や重複発注が発生する可能性があります。
ある工場では、システムの不具合により、同じ部品を2回発注してしまい、在庫が膨れ上がってしまいました。

購買ミス予防のための対策

1. 部門間のコミュニケーション強化
定期的な会議や情報共有システムを活用し、購買部門と他部門との情報交換を密にすることが重要です。
設計変更や生産計画の変更など、購買に影響する情報を速やかに共有できる体制を整えましょう。

2. ダブルチェックの徹底
発注内容は必ず複数人でチェックし、ミスを未然に防ぐことが大切です。
数量や単価、納期など、重要な情報は特に注意深く確認しましょう。

3. 納期管理の強化
部品の納期を適切に管理し、生産計画に合わせて発注できるよう、購買スケジュールを立てることが重要です。
リードタイムを考慮し、余裕を持った発注を心がけましょう。

4. 情報システムの整備
購買管理システムを定期的にメンテナンスし、エラーを防ぐことが大切です。
また、システムの操作方法を適切に教育し、ユーザーのミスを減らすことも重要です。

5. 購買プロセスの標準化
購買プロセスを標準化し、マニュアル化することで、ミスを減らすことができます。
発注方法や検収手順など、一連の流れを明確にし、誰もが同じ手順で業務を行えるようにしましょう。

購買ミスは、企業の生産性や収益性に大きな影響を与えます。
原因を特定し、適切な予防策を講じることで、ミスを最小限に抑え、円滑な製造活動を実現できるでしょう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)