投稿日:2024年6月12日

東芝の再興計画:モデルベースアプローチと早期退職が生み出す新たな未来

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎(たなか たろう):ほな、美穂さん、この東芝の再興計画ってなんや思います?

山田美穂(やまだ みほ):そうですね、太郎さん。まず東芝が非上場化したことで、経営の自由度が増していることは明らかですね。これによって、長期的な視点での改革が進みやすくなるのではないかと思います。

田中太郎:たしかに、株主の意見に左右されんでええなるやろ。ただ、今回の4000人の早期退職募集、これは大きいわな。

山田美穂:はい、それは確かに。特にスタッフ部門からの大量退職は、効率化を図る一手だと思いますが、どうしても人員削減というネガティブな印象が付きまといますね。

田中太郎:それに、浜松町から川崎への本社移転もあってな、かなり大きな変革や。固定費も減らしたいんやろうな。

山田美穂:そうですね、拠点の移転とかは固定費削減の一環ですが、スパゲティ化した経営をモデルベースで整理し直すというのが本質的な部分かと。

田中太郎:うん、ほんで島田氏が言うとる「スパゲティソフトウェア」ってのは、まさにうちの業界やとよくある話やで。変更の繰り返しで、何がなんだかわからんようになってる。

山田美穂:その通りですね。私も以前、ソフトウェアの設計で似たような状況を体験したことがありますけど、一度整理してモデルベースで再開発することで効率が飛躍的に上がりました。

田中太郎:せやけど、モデルベースの導入も簡単やないやろ?特に伝統ある企業にとって、システムの全面改修は大変やと思うで。

山田美穂:確かに、抵抗や慣れの問題がありますからね。ただ、島田氏はシーメンスPLMソフトウェアでの経験があるので、それを活かせば、技術的な問題は少しは緩和できるんじゃないですかね。

田中太郎:まぁ、技術的な問題だけやないわな。社員の意識改革も必要やで。変革にはやっぱり時間かかるやろな。

山田美穂:同感です。東芝の技術力や製品の強みを活かすためには、まず経営の混乱をクリアにする必要があります。そのためには、モデルベースのアプローチは一理ありますが、確かに一筋縄ではいかないでしょうね。

田中太郎:それでも、日本産業パートナーズとかの関与で、うまいことサポートしてくれるかもしらん。期待はできるんちゃう?

山田美穂:そうですね。これからの東芝の動向には注目が集まるでしょうし、日本全体の産業にも影響が出ると思います。

田中太郎:ほな、わしらも見守るしかないな。でも、もし成功したら、他の企業への良いお手本にもなるやろな。

山田美穂:確かに。東芝の成功が他の企業や中小零細企業にも波及してほしいですね。フィードバックを取り入れながら、モデルベースのアプローチが広まることを期待します。

田中太郎:ほんまやな。新しいことに挑戦するんは大変やけど、未来のために必要や。これからも業界の動向をしっかりと追いかけていこな!

山田美穂:その通りですね。頑張りましょう!

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)