投稿日:2024年6月10日

「トヨタの革新的エンジンが中小企業のエネルギー効率向上に寄与」

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対談を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎:おお、トヨタがえらいことやってるな。新しいエンジンの話やけど、美穂さん、これどう思います?

山田美穂:太郎さん、こんにちは!ほんとにすごいですよね。最新の技術を使ってエンジンの性能を大幅に向上させるだけでなく、環境への配慮もバッチリ。まさに現代のニーズに応えた開発です。

田中太郎:そうそう、環境問題ってビジネスでも大きな課題やからなぁ。特に中小企業でも対応せなあかんけど、こういう技術が普及すれば助かるわ。トヨタは他社への展開も考えてる言うてるし、チャンスかもな。

山田美穂:確かに、規模の小さい企業にとっては大きな助けになりますよね。特にトヨタのエンジンなら信頼性も高いですし、これで競争力が上がるといいですね。

田中太郎:ほんまやな。実はうちの工場でもエネルギー効率を上げるためにいろいろとやっとるんやけど、こういう新しい技術に触れる機会が増えるとモチベーションが上がるわ。

山田美穂:それは素晴らしいですね。エンジンだけじゃなくて、デジタル技術も組み合わせて最適設計を実現していますし、トヨタの取り組みは広範囲にわたっています。

田中太郎:うん、それがすごいわ。しかも新しいエンジンは1500ccでも2500cc並みの出力を出せるとか、そんなに効率が良くなるなら車自体が短期でリプレースされることも減るかもな。

山田美穂:そうですね、長期的なコスト削減にもつながりますよね。また、トヨタのモジュール化された設計は、製造プロセスの効率化にも大いに役立ちます。これが他業界にも応用されると、全体の生産性が上がる可能性があります。

田中太郎:ほんで、新エンジンはバイオ燃料や水素にも対応してるから、燃料多様化の面でも安心できるんちゃうか。うちの業界でも使えるかもなぁ。

山田美穂:そうですね、バイオ燃料や水素は今後重要になってくるエネルギーですから、そこに対応できるのは大きな強みです。これが普及すれば、持続可能な社会への移行も進むでしょう。

田中太郎:そうやな、美穂さんの言う通りや。環境に優しいだけやなくて、製品のライフサイクル全体でコスト削減も狙えるってことやな。

山田美穂:はい、その通りです。これはまさにサステナビリティの観点からも非常に意義のある開発です。太郎さんの工場でもぜひ取り入れられるといいですね。

田中太郎:おっしゃる通り、これからの時代はそういう技術を積極的に取り入れていかなあかん。これからも情報収集して、うちの事業にどう活かせるか考えていかなあかんな。

山田美穂:はい、それが大事ですね。お互いに最新の技術動向を追いかけて、業界の最前線で頑張りましょう!

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)