製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

スタブプランの作成と運用: 製品製造プロセスの安定化と改善のための手法

スタブプランの作成と運用: 製品製造プロセスの安定化と改善のための手法

スタブプランとは

スタブプランとは、製品の製造プロセスにおいて、各工程の作業内容や手順、必要な資材や設備、品質管理のポイントなどを詳細に定義したものです。
製造現場での作業の標準化や、品質の安定化、生産性の向上を目的として作成されます。

スタブプランの作成手順

スタブプランを作成する際は、以下の手順で進めていきます。

1. 製品の製造工程を細分化し、各工程の作業内容を明確にする。
2. 各工程に必要な資材や設備、作業時間などを洗い出す。
3. 品質管理のポイントを明確にし、検査方法や判定基準を設定する。
4. 作業手順を詳細に記述し、作業者が容易に理解できるようにする。
5. スタブプランをもとに、実際の製造現場で試行し、問題点や改善点を洗い出す。
6. 改善点を反映し、スタブプランを更新する。

スタブプランの運用と改善

スタブプランを作成したら、製造現場での運用を開始します。
運用開始後は、定期的にスタブプランの内容を見直し、改善を行っていきます。
改善のポイントとしては、以下のようなものがあげられます。

1. 作業手順の効率化や簡素化を図る。
2. 新たな設備や技術を導入し、生産性を向上させる。
3. 品質管理の方法を見直し、不良品の発生を抑制する。
4. 作業者のスキルアップを図り、作業のばらつきを抑制する。

スタブプランの改善は、PDCAサイクルを回すことで継続的に行っていきます。
Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)のサイクルを繰り返すことで、製造プロセスの安定化と改善を図ることができます。

スタブプランの活用事例

スタブプランの活用事例として、自動車部品メーカーでの取り組みを紹介します。
同社では、エンジン部品の製造工程において、スタブプランを導入しました。
導入前は、作業手順が標準化されておらず、作業者ごとにばらつきがありました。
また、品質管理の方法も明確ではなく、不良品の発生率が高い状態でした。

スタブプランの導入により、作業手順が標準化され、作業者のスキルアップが図られました。
また、品質管理の方法も見直され、不良品の発生率が大幅に減少しました。
その結果、生産性が向上し、コストダウンにもつながりました。

IoTやAIを活用したスタブプランの高度化

近年、IoTやAIといった最新技術を活用することで、スタブプランのさらなる高度化が図られています。
例えば、製造現場にセンサーを設置し、設備の稼働状況や製品の品質データをリアルタイムで収集・分析することで、スタブプランの内容を自動的に最適化することができます。
また、AIを活用することで、過去の製造実績データから最適な作業手順や設備の配置を自動的に導き出すことも可能になります。

このように、IoTやAIを活用することで、スタブプランの作成や改善に要する時間やコストを大幅に削減できるだけでなく、製造プロセスのさらなる安定化と改善が期待できます。

まとめ

スタブプランは、製品製造プロセスの安定化と改善のための重要な手法です。
スタブプランを作成し、運用することで、作業手順の標準化や品質管理の徹底、生産性の向上などが図られます。
また、PDCAサイクルを回すことで、継続的な改善を行うことができます。

さらに、IoTやAIといった最新技術を活用することで、スタブプランのさらなる高度化が可能になります。
製造業の現場では、スタブプランの活用が今後ますます重要になっていくでしょう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)