製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

ホーニング加工の利点と適用: 精密加工と表面仕上げのための穴加工技術

ホーニング加工の利点と適用: 精密加工と表面仕上げのための穴加工技術

ホーニング加工とは

ホーニング加工は、円筒形の穴の内面を高精度に仕上げる加工方法です。
ホーニングヘッドと呼ばれる専用の工具を使用し、穴の内面を研削することで、高い真円度と表面粗さを実現します。
自動車のシリンダーやベアリングレースなど、高い精度と滑らかな表面が求められる部品の仕上げ加工に広く用いられています。

ホーニング加工の利点

ホーニング加工の最大の利点は、高精度な仕上げ面が得られることです。
ホーニングヘッドには複数の砥石が取り付けられており、これらが穴の内面全体を均一に研削します。
これにより、直径の寸法精度だけでなく、真円度や円筒度も高い水準で確保できます。
また、ホーニング加工では、砥石の切れ刃が常に新しい状態に保たれるため、安定した加工品質が得られます。

さらに、ホーニング加工は、生産性の面でも優れています。
比較的短い加工時間で高精度な仕上げ面が得られるため、大量生産に適しています。
また、ホーニング盤の自動化も進んでおり、無人運転による24時間稼働も可能になっています。
これにより、人件費の削減と生産効率の向上が図れます。

ホーニング加工の適用分野

ホーニング加工は、自動車産業を中心に幅広い分野で活用されています。
特に、エンジンのシリンダー加工では、ホーニング加工が不可欠な技術となっています。
シリンダー内面の真円度や表面粗さは、エンジンの性能に直結するため、高い加工精度が求められます。
ホーニング加工により、燃費や出力の向上、オイル消費の減少などが実現できます。

また、油圧機器や工作機械など、高い精度と耐久性が要求される部品の加工にもホーニングが用いられます。
ピストンやバルブのガイド穴、ベアリングレースなどがその例です。
これらの部品では、摺動面の真円度や表面粗さが重要であり、ホーニング加工の適用により、性能と寿命の向上が図られます。

ホーニング加工の最新動向

近年、ホーニング加工の分野でも、新たな技術開発が進められています。
その一つが、レーザーホーニングです。
レーザー光を利用して砥石を切れ刃として使う方法で、従来のホーニング加工よりも高速かつ高精度な加工が可能になります。
また、レーザー光の照射角度を制御することで、様々な形状の穴に対応できるのも大きなメリットです。

もう一つの動向は、ホーニング加工の自動化・知能化です。
加工条件の最適化や工具の自動交換、加工状況のモニタリングなどを、AIやIoTを活用して実現する取り組みが進んでいます。
これにより、熟練工の技能に頼らずに、安定した加工品質と生産性を確保することが可能になりつつあります。

 

ホーニング加工は、高精度な穴の仕上げ加工を実現する技術です。
自動車産業を中心に、様々な分野で活用されており、部品の性能と品質の向上に貢献しています。
レーザーホーニングや自動化・知能化など、新たな技術開発も進められており、更なる発展が期待されます。
製造業にとって、ホーニング加工は今後も重要な加工技術の一つであり続けるでしょう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)